FC2ブログ

覚え書き

覚え書きに近い日記

デル株式会社

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Music Center for PCのプレイリスト吸い出し(エクスポート)ツール


Media Goが更新されなくなり今後はMusic Centerを更新していくとSONYが言うから入れ替えたものの、ファイル転送がWalkmanしか認識しないとかいう困った仕様。
Xperiaを含むAndroid端末への音楽ファイルの転送ができない。
何だってこんな使いにくいことになったのかという愚痴は方々で聞くのでここではこの辺にして。

音楽ファイルのコピーはもう仕方ないからWindowsのエクスプローラで片付けたは良い物の、プレイリストのコピーで困った。
プレイリストがm3u等のファイルとして存在していない。
ツールにエクスポート機能があるのかなと探したけど、インポート機能はあるくせにエクスポート機能が無い。
本当にもうアレ。

調べるとどうやらAccessのデータベースで管理されているらしい。
しかもmdbってどんだけ古いソースをそのまま使っているのか。10年前ですか。もっとですか。
いやSONY内部の開発チーム(があるのか知らんけど)も過去からの柵に縛られているのかなと、最近VB6.0などというサポートも何もあった物じゃないプログラムの改修をした身からは同情を禁じ得ないと思いつつ、VBScriptで以下のようなものを作ってみた。

DrawMusicCenterPlaylist
Music Center for PCのプレイリスト吸い出し(エクスポート)ツール
ダウンロード→DrawMusicCenterPlaylist_ver1.3.zip

■バージョン情報
Version 1.0 初版
Version 1.1 ダイナミックプレイリスト対応
Version 1.2 作者URL変更(間違ってた……)
Version 1.3 時刻の時分秒で時が1桁の場合に0を付与して2桁となるよう調整

■お約束の文章
本ファイルを使用しておきた問題は当方では関知いたしません。
全て自己責任で使用してください。
サポートは基本的にしないのでそのつもりで。

■動作環境
・Music Center for PCがセットアップされている環境
・VBScriptが動く環境
・ADOによるDB接続が可能な環境

■動作確認環境
・Music Center for PC 1.0.00.08241
・Windows 10 Home 64bit

■使い方
ダウンロードしたzipファイルを解凍して得られたDrawMusicCenterPlaylist.vbsを適当なフォルダへ配置。
※他の邪魔なファイルとかが無い新規に作成した空フォルダへの配置を推奨
配置したVBSファイルをカチカチっとダブルクリック等で実行する事で、
VBSファイルを配置したフォルダと同じ並びに年月日時分秒(yyyyMMdd_HHmmss)のフォルダを自動生成。
その中にMusic Center for PC上で管理されている「プレイリストの名前.m3u」ファイルを作成する。

以上。

一応自分が自分の為に欲しいと思った補助機能として
・フルパス情報からドライブ文字列を除去して出力する機能
・音楽ファイルの拡張子グループ別にm3uファイルを作成する機能
を持たせている。

その他、スクリプト内部の書き換えにより
・音楽ファイルの拡張子グループ別にm3uファイルを作成する機能の無効化
・出力ファイルの文字コードをShift_JIS、UTF-8、UTF-8N(BOM無)の切り替え
といった機能も持たせている。

スマホへのコピーは自動では行わないので、手作業。
本ツールにより作成されたm3uファイルをAndroid端末にWindowsエクスプローラでファイルコピーする。
配置した場所から音楽ファイルまでのパス情報が相対的にあっていればミュージックアプリなどで使用できる感じ。

もしかしたら同じような悩みを持った人の解決策となるかもしれないのでここに公開しておく次第。

スポンサーサイト

RenByExifバージョンアップ20120303


以前に公開したデジカメ画像のExif情報を元にファイル名をリネームする機能を持ったソフト、RenByExifをちょっぴり更新した。

以前の記事はこちら → 写真のExif情報を元にリネームするソフトRenByExif

最新バージョンのダウンロードはこちらから → RenByExif_20120303.zip

更新した内容は以下のとおり。

・ファイル読込時のグリッドへのデータ追加方法を変更。
・グリッドでセルを移動した際に自動で編集状態になるよう変更。
・機種名、Softwareに対してTrim処理(前後空白除去)を追加。



最近買ったスマホで、機種名にスペースが残っているというけしからん物があったので更新する気になった。
ついでにセル上でちょこちょこ編集しやすくしたいと思い、すぐに編集状態となるように動作を変更。
あとは内部処理だけど、グリッドへデータを流し込む動作を変更。
読み込み動作しているかの確認は、左下にある進捗バーを見ておいてください。

BenQの22インチ液晶モニタが安い


最近はパソコン向け液晶ディスプレイの価格もずいぶんとこなれてきている。
まさかフルHD表示が可能な液晶モニタが2万円台で買えるようになるとは。
BenQ 液晶モニタ グロッシーブラック E2200HD
B001EWQ7VO

自分が使っているのは2年前に購入したDELLの24インチ液晶モニタだが、21.5インチでも十分。
しかし24インチでも3万円台で買えると考えると悩みどころ。
BenQ 24インチ LCDワイドモニタ 1920x1080/D-sub/DVI/グロッシーブラック E2400HD
B001G8XKA2

価格差は1万円程度。
1万円に2インチの価値を見出せるかどうか。

上記製品はどちらも最大解像度が1920x1080であり、16:9の画面比率になっている所もポイント。
PC向け製品は16:10の製品が多かった。自分が持っているものも1920x1200で16:10の比率のものだ。
一般の映像ソース、フルハイビジョンといわれるものは1920x1080の解像度であるゆえに画面サイズがそれと同じなのは色々と都合が良い。
無駄に広いと、その分縦長になったりで真の意味で綺麗な表示はできない事もある。
自分が以前に買った液晶はその辺の微妙な調整ができなかった。
まぁ120ドットの差などよほどじっくりと近くで見ない限りはわかるはずもないのだが。

パソコン用モニタとしての用途はもとより、PS3やXbox360などのHD映像が出力できるゲーム機器との接続にもお勧めの商品だ。

Windows Vista SP1を導入した結果


Windows VistaのSP1が公開された。
んならばとメインPCに導入したVistaにあててみた。
どこが変わったという事も感じられないが、一つだけ明らかに改善した部分がある。

それは、SAMSUNGのmp3プレイヤーYP-U2がマトモに使えるようになった。


これが何よりもありがたい。
SP1をあてる前にこのプレイヤーを接続すると、最初の数分は使えるがしばらくするとドライブの参照時に固まるというとんでもない状況だった。
こんな状態だったため、音楽を入れ替えようと思ったらWindowsXPのノートを起動してネットワーク経由でメインPC内にある音楽ファイルを転送するというとんでもなく面倒な手順を踏んでいた。

これが改善された。
嬉しい事だ。

ブログ投稿に便利なFireFoxのアドオンScribeFireを試す


久々の更新は以下のソフトを導入したのでテストを兼ねて。

窓の杜より
窓の杜 - 【NEWS】「Firefox」をWYSIWYG編集可能なブログ投稿ソフトにできる「ScribeFire」

FireFoxの下半分がブログ投稿の為の入力欄となる。ニュース記事を見ながら編集できるのでこれは便利だ。

それ以外にも、記事投稿の為に投稿画面に移動する必要も無いので気軽でもある。記事投稿したいけれどいちいちログインして~と言うのが面倒だなぁと不精になってしまいがちだが、これで改善できるかもしれない。

早速導入をと思ったが、日本語化されているものは無いかとぐぐったところ以下のページにて配布されていた。

ふと今日は・・・・・・  ScribeFire(以前 Performancing と呼ばれていたもの) 日本語化

ScribeFire(以前 Performancing と呼ばれていた)を日本語化した。
これなら便利に使えそうだ。

ただ画像の添付は、難しそうだが……

ScribeFireEditImage.jpg

Vistaで仮想CD/DVDドライブを使用する


CDやDVDのISOファイルを使えるようにする方法をちょっと探していた。
どうやら世間ではSlySoftのVirtualCloneDriveと言うソフトが簡単に扱えて良いらしい。そうなのかとどれ早速セットアップだと試して見たのだが……どうしてもセットアップがVClone.infを展開した所で止まってしまう。

Virtual CloneDrive
http://www.slysoft.com/ja/virtual-clonedrive.html

おそらく最も秀逸な仮想ドライブソフトウェアの Virtual CloneDrive はフリーウェアです。自由にお使い頂き、お楽しみください。


管理者権限で実行したりなんだりと色々試して見たが駄目だった。
仕舞いには再起動したらBlue Screenのエラー画面が出て起動しなくなる始末。
最悪だ。

再セットアップしなければならないのか?とヒヤリとしたが、前回正常に起動した構成で起動すると言う選択を選ぶ事で何とか復帰してくれた。
ありがたい。また再セットアップとなると、少々気が重かった所だ。


と、そんな状態になってしまったのでこりゃ環境か何かだろうか、駄目だなぁ、としてやはりいままでXPで利用していたDAEMON Toolsを使う事にした。
セットアップファイルをダウンロードして、管理者として実行すると上手く入った。

DAEMON Toolsダウンロード
http://www.disc-tools.com/download/daemon

現時点でのバージョンは4.09HEとあった。
ダウンロードのリンクを見ると4.09.1ともある。

日本語化する必要も無いくらいだとは思うが一応、
日本語化パッチはこちら
http://www.nihongoka.com/jpatch_a-d.html#dt


DAEMON Toolsのバージョンが4になってから、アドウェアが同梱されているという事で敬遠する向きが強いようだが、知っていればどうと言う事は無い。

「Daemon Tools」最新版v4.00にアドウェアが同梱
アドウェアが不要ならインストール時「DAEMON Tools Search Bar」をOFFにしよう
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/11/15/daemon40adware.html

アドウェアを同梱したのは無料でサポートを続けていくためとのこと。アドウェアが不要な場合は、インストール時のコンポーネント選択画面で「DAEMON Tools Search Bar」のチェックをOFFにすればよい。



同梱のアドウェアはウィルス対策ソフトによってはADW_WHENUSRCH.Cと言うウィルスであると判定されてしまう事もあるらしいので、チェックははずした方が無難だろう。
実行するのに必要なのはCore一つだけで良い。

ウイルスバスター2007 トレンドフレックスセキュリティ Vista対応 優待1年版

→携帯でこの商品を買う
ウイルスバスター2007 トレンドフレックスセキュリティ Vista対応 優待3年版

→携帯でこの商品を買う
はじめてのウイルスバスター2007

→携帯でこの商品を買う

今の所は快適に使えている。

WindowsVistaのIE7でJAVAを実行


先月の事になるが、巷に出回りつつあるマイクロソフトの最新OSであるWindowsVistaを購入した。

Microsoft Windows Vista Ultimate 通常版

→携帯でこの商品を買う

Vistaには色々なエディションが存在している。
機能が少ない?順に一般市販されているエディションを示すと
Home Basic
Home Premium
Business
Ultimate
となる。さらに詳しく言うと他にも存在する&32bit版と64bit版が存在する&市販パッケージとDSP版パッケージがある、とたくさんあるのだが、省略。

今回私はVistaUltimate 32bit DSP版を購入した。

終了がサスペンドになっていて復帰が早いなど便利な面があるが、どうも安定しないのは自作機だからなのか。

で、ひとつ引っかかった点として、標準ブラウザであるインターネットエクスプローラー7について。
これでJAVAを利用したWEBページを表示しようとすると、なぜか表示が出来なかった。どうやらJAVAに関するコンポーネントがインストールされていないらしいのだ。

これを手動で入れてやらねばならない。
その場所について、覚え書き。
JAVAのページよりダウンロードを選択する
http://jdl.sun.com/webapps/getjava/BrowserRedirect?locale=ja&host=java.com
私はまたインストールしなおしと言った場合に、と言う思いから
Windows (オフラインインストール)
としてインストール用のセットアッププログラムをダウンロードしてから行った。

これらが最初から入っていないのはセキュリティの面にかかわる部分があるからなのだろうか。それともライセンスの問題かは分からないが……

EIZOガレリア銀座で24インチ液晶ワイドモニターS2411Wを体験


2007年3月9日にEIZOガレリア銀座にて以下のようなイベントセミナーが開催された。

『EIZOを体験しよう!』
弊社直営店にてワイドモニターでWindows Vistaを使った
デモンストレーションを行います。


Vistaにも興味があったし、何より現在自分も24インチサイズのWUXGA(1920×1280)解像度を持つワイドモニターを使っていると言う事もあり、どういった点での違いがあるのか、興味があったので参加した。
EIZOダイレクト

銀座に立ち寄る機会は正直あまり無く、前回訪れたのは教えて!gooチャレンジ以来だったりする。
不慣れな道ゆえか、予定されていた開始時刻14時を少し回っての到着となってしまった。が、どうやら他の参加者も若干遅れ気味だったようで丁度良い時間ではあったようだ。ほっ。


早速店内の様子をぐるりと見てみる。


■ 続きを読む »

«PREV  | ホームへ戻る |  NEXT»

おすすめ商品

ソニーストア ソニーストア

ブログ内検索

プロフィール

Author: sinsia
携帯アクセスはQRコードから

Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。