覚え書き

覚え書きに近い日記

→アソシエイトストアオープン お勧めの商品を紹介しています

カテゴリー一覧

«2004年12月  | ホームへ戻る |  2005年02月»

スポンサーサイト

  •   -  
  •   -  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の意識

ある人の顔を思い浮かべるとする。
それに伴い色々な思いが浮かんでは消える。
抽象的な流れるような意識。

名前を一緒にして思い浮かべる。
(誰某さん)
流れる意識が僅かに留まる。

名前を音にして発する。
「誰某さん」
自分の外にその意識が具現化される。

~~~~~

そこに存在するのは意識を持った言葉。
それを言霊と言うのだろうか。

スポンサーサイト

自分でBlogシステムを構築

良いブログが無いかと探している時、
自前でブログのシステムを構築できない物かと考えて、探してみた。

サーチキーワードとして、
ブログ プログラム
ブログ システム
ブログ 開発
などとして当たってみたが、
どれもこれも「プログラムに関するブログ」やら「開発に関するブログ」ばかりで、
自分で構築するというページに中々巡り会う事が出来なかった。

しばらく探して、ようやくうまい検索方法を見つけた。
そういった目的のページを探すには、
Blogエンジン インストール
といったキーワードで探すと良さそうだ。

ヒットするページを一通り見て回ると、どうやらPerlやPHPで記述された物が大半。
自前のサーバーにそれら環境をセットアップする事は可能だが、
あまり複数のスクリプトの実行環境を用意すると、管理が面倒になる。

出来れば .NET Framework の環境で動作するシステムがあると嬉しい。
自分で開発できればそれに越したことはないのだが、中々に時間と技術面で問題がある。
どういう仕様であれば良いのか、機能的にどこまで実装するのか、等。

そこで既に作成されている物は無いだろうかと探した所、
dasblog
と言うのが見つかった。
海外の人が作成した物のようだ。
どれだけの人が試しているのか…と思い、dasblogをキーワードとして探すと、それなりに使っている人はいるように見受けられる。

時間のある時にでも試してみたいが、
管理が大変ではないだろうかと言う思いと、トラブルが発生した場合の対処がどこまで出来るか、
また、今利用しているこのブログに不満が無い事から、少々腰が重い所ではある。


最後に自前でBlogを立ち上げる事を記事にしているページを紹介してみる。
blogを始めよう!!
Blogサーバーの引越し(中?)

年賀欠礼と寒中見舞い

喪中だと言う事で昨年は年賀欠礼状を出した。
が、出した先は基本的に去年年賀状のやり取りをした相手に限って出していたので、
それ以外の、今年初めて年賀状を頂いた所や、また、
欠礼状を出したはずの所からも何通か年賀状が届いていた。

そういった所への返事として、寒中見舞いの葉書を作成する。
年賀状を出さずに居たのは喪中だったからです、
また今年もよろしくお願いします、と言った文面だ。

出す時期としては1月7日の松の内を過ぎてから、
2月初頭の節分あたりまでを目処とするらしい。
小寒から大寒の間を寒中とするようだ。
小寒は1月5日くらいから1月20日くらいの事を指し、
大寒は1月20日くらいから2月3日くらいの事を指す。

作成に当たり葉書を用意しようと思ったが、
どうやら寒中見舞い用の葉書と言うのは特に無いようで、
一般の官製はがきを使用した。

寒中見舞いとはいえ、実質的には喪中であった事を伝える内容なので、
喪中はがきと同じ、シンプルな内容で作成した。

Windowsユーザーから見るMac mini


Apple Mac mini

Mac miniの情報を探してネットをうろつく。
途中でこんな記事を見つけた。
「Mac miniはお買い得」は本当か
どういう事だろうと記事を読み進める。
曰く、
GatewayやHewlett-Packard(HP)などのPCと比べ100ドルほど値段が高い

Mac miniにはマウスもモニタも、キーボードも付属しない

からだとか。
言われてみれば納得。
確かにWindowsマシンならば6万出せばモニタもキーボードもすべてそろった物が手に入る。

ここでモニタもキーボードも付属していないMac miniという製品のターゲット層を考える。
それは、既にパソコンを持っている人。
これは疑いようも無い。
Windows機でもモニタ無しモデルと言うのは良く見かける。
それの購入層はすなわちセカンドマシン以降を考えている人だ。
この場合のセカンドマシンとは、家族の為の、と言った用途ではなく、
まさにメインとなるマシンを使っている人、その当人の為のサブマシンだろう。
そして複数台のPCを使うような人…例えば私がそうであるように、
PCを深く使っている人が対象だろう。

そんなWindowsユーザーにとって今回のMac miniは、やはり魅力的に映る。
新しいサブPCを買おうとした時にまず考えるのは、設置場所。
ただでさえ大きなPCが複数既にあるような状態での買い増しは
やはり場所との相談が重要だ。
その点でMac miniは、それこそ単なる周辺機器、
例えば外付けのDVD-R等のドライブを置く程度のスペースが確保出来れば良い。
あるいは本当にそういった周辺機器の上に積み重ねるように設置する人も多いかもしれない。
且つ、CPU切替機によって使おうと思っている私から見れば、
Mac miniはWindowsの周辺機器感覚とも言える。
DVD-Rを焼く等の重い処理をMac miniにやらせておいて画面を切り替え、
メインでは他の作業を行う、と言った使い方も考えられる。

その他、こういったWebページを作る人間にとっても、やはりMacの環境は必要だ。
WebページはOSやブラウザが違うと、見え方が違ってくる事が多々ある。
私はASP.NETでプログラムを作ったりしている事もあり、
「これは本当にブラウザさえあれば動くのか?」
「Windowsだけでしか動かないような作りになってはいないか?」
「Macintoshではどのように見えるのか?」
と、日頃気になっている。
Macminiがあれば、そういった確認もすぐに取れるだろう。

なぜか利用方法について考えている事を書いてしまったが、
結局、5万円台というその価格から、一瞬でも
「あ、安いな。買ってみようかな」
とユーザーに思わせたこの価格は、充分に魅力的な価格設定だと思う。



最後に記事を書いている最中に見つけたもう一つの記事へのリンク。
手頃な「Mac mini」にWindowsユーザーも興味津々
やっぱり考える事は一緒のようだ。
最初にこの記事を見つけていればよかったな。

PSPのレジューム機能



みんなのGOLF ポータブル

昨日、電車の中でPSPをプレイしていた。
ソフトはみんなのGOLF ポータブルだ。

が、充電をろくすっぽしていなかったため、途中で電源が切れてしまった。
9ホール回っている最中で、結構後半だったのに残念だなと思いつつも仕方ないかとPSPを仕舞う。


翌日、フル充電完了のPSPを起動してみる。
またタイトル画面からだろうと思って画面を見ると、
目に飛び込んできたのはボールが宙を舞いフェアウェイにトンと着地する場面だった。
ボールは昨日から16時間ほども空中に浮いていたようだ。

どうやらぷっつりと切れるわけでは無い模様。
電源が切れた瞬間の状態に戻るとは、ちょっと驚いた。
そういえば切れる瞬間、画面中央にバッテリー残量無しのアイコンが20秒ほど表示されていた。
その間に今この瞬間の状態を保存したのだろう。


アフィリエイト(アソシエイト)


アフィリエイト(アソシエイト)プログラムという物がある。
ある商品を紹介して、その紹介により商品が売れた場合に数パーセントの報酬を受ける事が出来るシステムの事だ。

時折ネットをうろついていると、このページ右に表示されているようなリンクに出会った事があるだろう。
これはAmazonのアソシエイト・プログラムが提供するリンクだ。

今までも興味があり、
実際にとある場所で試しに紹介記事を書いてみたりした。
最初の四半期は、成果ゼロ。
そんなものだろうと思って特に何も考えず放置していた。

そして次の四半期が経過した旨のメールが届く。
またゼロだろうと大した期待もせずに履歴ページへ飛ぶ。

あれ?売れてる。
商品数にしてわずか7点。
金額にしてほんの数百円。

……面白いかも。単純にそう思った。

これをブログでもやってみようかなと思ったが、
そういったリンクは可能でも有料のサービスとなるなど、
結構利用を制限している所は多い様だ。
今まで利用していたgooブログは有料のパターンだ。

それでもきっとフリーでそういったリンクを張る事が可能なブログがあると思い、探す。
結果、このFC2に辿り着いた。

ここに辿り着くまでにも色々と見て回った。
中でも、最後までここにしようかと悩んだのが
seesaaというサービス。
これもアフィリエイトについて謳っていたが、
どうもサイトの固定サービスのようだった。
ブログとしての使い心地は悪くなかった。
・1回の登録で、複数のブログを持つ事が出来る。
・サイトに表示する項目を管理画面からボタン一つで変更できる。
・キーワードを元に勝手にアフィリエイトリンクが作成される。
等。

だが、
・記事投稿や構成変更時の「再構築」という動作が重い。
・アフィリエイトリンクを自由に選択できないもどかしさ。
等の点で少々不満を感じた。

その点で、FC2では動作がキビキビしていて心地よい。
また、ここではhtmlの編集も全て自分で出来るようになっている。
サイトの構成レイアウトを自由に自分で決める事が出来る。
そのためのテンプレートも、公式に配布されている以外に、
利用しているユーザーが独自に作り上げた物を公開し、
みんなで共有できるようにもなっている。
また、画像などのアップロード可能な容量が1GBと言うのも注目できるポイントだ。
自分がそんなに使う事は無いとは思うが…

他にアメーバBlogも候補ではあったが、
どうも見栄えを編集する機能に乏しいので落選。
ただ、Amazonのアソシエイト・プログラムを標準機能として持っており、リンクの挿入など、とても使いやすそうではあった。
これで自由にレイアウトなどを変更できたなら……と思う。


結局のところ、ここを選択した一番の理由、それは
・アフィリエイトが自由に使えるから
・レイアウトを限りなく自由に設定できるから
と言った点が大きい。

Mac mini マックミニ

  •   -  
  •   -  



Apple Mac mini

今度AppleからMac mini(1.25GHz, 40G, 256MB)という製品が発売されると言う。
今までMacintoshを使った事は、学生時代くらいしかない。
自宅ではWindowsマシンだし、会社でもWindowsマシンばかり使っている。
正直、Macでやりたい事と言うのは無い。
だが、このMac miniには中々に惹かれるものがある。
デザインはシンプルでコンパクト。物欲を刺激される。
値段も
価格: ¥58,590 (税込)
とあるように安い。
これとは別に、上位機種として
Apple Mac mini (1.42GHz, 80G, 256MB)と言った物も用意される様だ。
こちらは若干高く、70,140円(税込)となる。


モニタやキーボード、マウスは付属していないので別途用意する形になるが、
Windowsで使っている物を流用出来る。


REX-410 PC4台切替器 PS/2接続

自分の環境を書くと、
CPU切替機として
REX-410 PC4台切替器 PS/2接続
を使っている。
今現在、Windowsマシンを3台つないで使っているが、
4台目として接続できるだろう。

モニタはSONY 17型FDトリニトロンマルチスキャンディスプレイ CPD-E200
モニタについてはそのまま使えるだろう。
購入したのはもう数年前になる。
ぼちぼち買い換えたいと思っているが…


CG-USBKMS PS/2-USB変換アダプター

問題はキーボードとマウスだが、
Mac miniにはUSBポートしかついていない。
そこでPS/2をUSBに変換して使えば良いのではと思い探した所、
CG-USBKMS PS/2-USB変換アダプター
これが使えそうかなと思う。

変換ケーブルを含め、6万そこそこでMacの環境が手に入る。
さて買おうかどうしようか…

健康診断

今年も健康診断の季節がやってきた。

身長172.0cm
体重82.7kg
血圧138/72
視力左1.0右1.0

体重が去年からすると3kgほど増えてしまった。
血圧も正常範囲内といわれたが、去年からすると少々高いか。
不摂生がたたる。
視力は少し良くなっている。
が、これは去年は単純に目が疲れていた等のためだろう。

インナーイヤーヘッドホン MDR-E888

ネットをうろうろしていた。
どういう経緯だったか忘れたが、インナーイヤーヘッドホンについて調べていた。
別に新しく買おうと思っていた訳でもないのだが、何となく。ネットを彷徨っている感じだ。


SONY MDR-E888LP

そこでちょっと気になる情報を見つける。
「E888でチリチリとしたノイズが乗るようになった」と言う話。
E888とはSONY製のイヤホン正確にはMDR-E888という型番になる。
シリーズの中では一番高く、8000円した。

自分が使っていたE888も、なぜか突然にその異音が発生するようになった。
音量の調節を間違え、期せずして大きな音を出してからそのような状態になったので、
ひょっとしたら振動板など破損してしまったのだろうかと、その時思っていた。
今回見つけた情報と同じような状態だ。
その情報には返事がついていた。
「中の和紙が剥がれかけているのでは」
和紙?
何だろうと思いつつ、読むと、
どうやらそれを外してしまえばその異音は解消されるし、
その上その和紙を外す事で、よりクリアな音にもなると言う。

分解するのは躊躇したが、既に購入から4年と経っている。
保証も無いし、何より壊れたと思って3年は放置していた。
今更壊れようが構いはしない。
早速分解してみた。

まずは問題のある左側から。
耳に当たる部分のゴム枠を外し、プラスチック製の表皮をカパッと剥がす。
中の金属製の口とその表皮の間に、確かに和紙が存在していた。
なるほどこれかと思い、サクッと取り外す。
古くなった接着剤のカスもついでに綿棒で綺麗に取り除いてみる。

引き続き右側。
同様に開くと、こちらの和紙は表皮に密着していた。
なるほどこれが正常な状態なのだろうと思いつつ、
左右ちぐはぐなのは心地悪いのでこちらもペリッと外す。

その後元通りに戻し、さて視聴。
結果、当時聞こえていた妙な雑音はなくなっていた。
失敗したのは分解前に改めてその異音を確認しなかった事だが、
当時は明らかに不快な異音がしていた、それが今は感じられない。
おそらく改善したのだろう。


思えばE888が壊れたと思ってからは、代わりとなる色々な他のイヤホンを探した。
SENNHEISER(ゼンハイザー)のMX500や、
SONYのMDR-E931、同MDR-ED31。
それ以外にもMD等に付属していた物や、
100円で売られている物まで。
同じ物を選ばなかったのは、何となく色々な物を試してみたかったからだった。


Creative MuVo2

100円のは論外。
MD等に付属していた物は割りと良い音を出したが、少々軽い音だった。
MDR-ED31は低音がよく出るという事で買ったが、どこか篭ったような音がしていた。
それに不満を覚え買ったのがMX500。
MX500は低~中音が良く出ていた。特に篭った感じもなく、素直な音。
これには結構満足し、しばらく使っていた。
その後、MuVo2を購入し、ついでにヘッドホンも何か新しくしてみるかと探したのがE931。
これもMX500と同系統だがメリハリの付いたはっきりした音だった。


SONY MDR-E931LP
SONY インナーヘッドホン [MDR-E931SP] B

→携帯でこの商品を買う

結果的には主にMX500とE931を使う事となる。
MX500はコードが1m、E931は0.5mの短いタイプ。
MuVo2を胸ポケットに入れて使う時は短いコードのE931、
カバンやズボンのポケットに入れて使う時は長いコードのMX500と使い分けていた。

最終的に日常使っているのはE931。
通勤では胸ポケットに入れて使うのが常だから。

今回、久々に復活したE888を使って見る。
久しぶりに聞いたその音は、E931と比べ中~高音がクリアに聞こえる。
低音が弱く感じるが、耳に密着するようにちょっと指で押しながら聞くと、低音も良く響く。
つまりは耳へのセットの仕方次第で音がかなり変わる。
そういえば使っていた当時も色々とセットする角度を変えて試行錯誤していたなと思い出した。


一つ気になる点が、E931のコードが0.5mなのに対し、E888は0.4mだという事だ。
微妙に短く、胸ポケットからだとちょっと突っ張る事がある。
これは当時から思っていた事なので、今更ではあるのだが。
ただ、その当時はSONYのネットワークウォークマン、NW-E3を使っていた。
ライターの様な縦長で小型だったので、胸ポケットに入れても横倒しになってしまう事があった。
うまくポケットの中で立てて置かないと、突っ張りまくる。
が、今のMuVo2は正方形なので、そういった事はない。
突っ張り感が無く安定している。
これは過去とは違い、ちょっと良い点。

これでまた、しばらく使ってみよう。


視線

最近、歩く時に少し意識して視線を定めている。

時に周りの景色を見る。
都心ゆえ緑はほとんど無い。
文字があふれている。
だが空はどこまでもまっさら。

時に人の顔を見る。
目を見ると目を逸らす人、
そうではない人。
自分は前者で、世間の大半は後者と思っていた。
だがそうでも無いようだ。


花粉症対策としてのヨーグルト

ここ1年ほど、意識して飲むヨーグルトを飲んできた。
会社の昼飯の後、近くのコンビニに出向き、飲むヨーグルトを1本購入。
ストローをプスッとさして、チューチュー吸いながら午後のお仕事に勤しむ。
お気に入りは苺ヨーグルトだ。

きっかけは花粉症の症状を抑える効果があるという話を随分前に目にしてからだった。
実際に効果があるのか検証してやろうと、そう思って。

だが今年の花粉量は去年の30倍とも言われている。
果たして効果があると認識できるかどうか…

戯れ言

久しぶりと言う悲しさ。

PSPで動画

PSPで動画を見ようと色々用意した。


MSX-M512S

まずはなんと言っても必要なメディアの用意。PSPではメモリースティックDuoを使用する。512MBで、今なら1万円からおつりが来る程度の相場だ。最安値はもうちょっと安いが、それら店はすべて売り切れていた。

続いて動画の準備。PSPではMPEG4フォーマットでの動画の再生に対応している。その為に必要な変換ソフトを、SONYが有償公開している。1000円だ。
が、フリーのソフトでも変換が可能だという情報を見つけ、それを利用する。
携帯動画変換君 MobileHackerz - [携帯向けに簡単に動画を変換してみよう]

これの変換動作に必要なのが、QuickTime。
アップル - QuickTime - ダウンロード

QuickTimeはセットアップするだけ。それにより必要なコーデックが入る。

実際に起動するソフトは携帯動画変換君。
画面はシンプル。
PSP用の設定を選び、ビットレート等選択し、後は変換対象となる動画ファイルを放り込むだけだ。

設定は

PSP向け設定(直接出力)
QVGA/15fps/216kbps ステレオ64kbps


としている。これで大体1分2MB程度になる。2時間なら240MB程度の計算か。


MTVX2004USB

MTVX2005USB

主に、MTVX2004USBで録画したファイルを変換している。
(現在ではMTVX2005USBが出ている)
何も考えなくてもサックリと変換してくれる。

変換した動画をPSPへ転送する。
PSPにはUSB端子が装備されており、そのまま繋ぐだけで、外付けドライブとして認識される。

動画の保存場所は、

x:\MP_ROOT\100MNV01


xは環境により変わるドライブ名だ。
ここに自力でフォルダを作成し、リネームする。
Windows上でフォルダを作っておいてからのコピーではダメらしいので必ず自力でメモリースティック上に直接フォルダを作成する。
上記フォルダを作ったら、そこに変換君で作成された動画を放り込む。

以上で準備は整った。
後はPSPのメニューからビデオを選ぶと、動画の一覧が表示される。
再生したい動画を選び、○ボタンで再生だ。

尚、PSPの画面は16:9だが、動画は必ず4:3のサイズにしないといけない。
それ以外は認識しないとか。
もし16:9の動画を4:3に変換した場合、縦長の映像になってしまうが、
PSPの設定でそれを画面いっぱいに引き伸ばす「フル」という設定がある。
動画再生中に△ボタンを押す事で設定可能だ。
これで画面いっぱいに動画を再生する事が出来る。

再生時間については、
片道4~50分の通勤電車で往復動画を見つつ、
ちょっとゲームを起動したりしてもまだバッテリー残量を示すメーターは3本中2本残っていた。
4~6時間と公式にあるので、その通りなのだろう。

肝心の画質等だが、上記設定で見る限りとても快適、綺麗だと思う。
15フレームに落としてはいるが、カクカク感は感じない。
早送り巻き戻し、指定時間へのジャンプも出来る。
これ以上携帯動画に求めるものは無いだろう。

関連記事
PSPでDVDを見る

SDMSPD-4096-J60 メモリースティック PRODuo 4GB

→携帯でこの商品を買う
MSX-M2GS メモリースティックPRO Duo 2GB

→携帯でこの商品を買う

終電

ここ数日終電での帰宅が続いた。
そもそも五人分の仕事を一人でやれと言うのは無茶と言うものだ。

PSP用 液晶保護フィルター

客先からの帰社途中にPSP対応 液晶フィルターポータブル
を購入した。

PSP対応 液晶フィルターポータブル

シリコン素材で吸着し、何度でも貼り直す事が出来るタイプだ。
貼り付ける用にと、液晶を拭くための清掃用クロスも付属している。

中々上手く貼る事が出来ない…と思っていたら、
裏返しで貼ろうとしていた。
そりゃムリだと。

PSP購入


PSP バリューパック

昨年から探していたPSPをようやく手に入れた。

何処に行っても…と言うほど行ってもいないが、売り切れていたし、
ネット通販で注文しようとしてもいつも売り切れていた。
電話で電気店等に在庫確認をしたが、
どうもマニュアル対応のような気配があった。
同様の問い合わせが多いのだろう。
電話で「在庫あります」と答え、いざ買いに行くと
もう既に売り切れている、という事があれば、
「在庫があると言ったじゃないか」となり、
店としては面倒な事にもなるだろう。


そんな中で今日、
ネットの情報から渋谷のとある電気店で売っているという情報を見つける。
電話しても仕方ない、とにかく行ってみようと即座に動いた。
どっちみち仕事で会社に出る必要もあった。

そうしてついた渋谷で、けれど情報にあったその店ではなく、
駅近くのビックカメラによって見る事にした。
ここなら、ポイントカードもある。
どうせならここが良いと思って。

そうして向かったゲーム売り場。
パッと見ではPSPを売っているのかわからなかったが、
よく見ると「レジにて販売中」と小さく書かれていた。
売り場面積が狭いというのもあるが、
こんなにひっそりと売っているとは思わなかった。

とはいえ売っているのは間違いない様子。
在庫数は分からない。
レジには数人が並んでいる。
これはいけない、とばかりに即座にレジ待ちの列に並ぶ。

程なく自分の番となり、PSPのバリューパックをくれと告げる。
店員はすぐに足元のダンボールからPSPVPの箱を取り出す。

発売からおよそ一ヶ月。
ようやく手に入れたPSPだった。


その後、1時間ほどして改めてソフトを買いに同じ売り場へと向かう。
すると丁度、VPに売り切れましたのフダが貼り付けられる所だった。
なかなかきわどかったようだ。

日付の並び方

日記の日付の並び方にこだわっている事を再三書いてきた。
が、日付降順と言うのもまた、自然なのかもしれない。

人と人とが出会うとき、今その瞬間の人と出会うものだ。
そこから人は多かれ少なかれ過去のその人を知って行く。
最初から、過去のその人に出会う訳では無い。

それは言うなれば、
最新の記事に出会い、そして過去の記事を辿って行くに等しいと思える。

今日この瞬間のその人の思う事、
それに至った経緯を辿る行為は、
まるでその人の傍に透明人間としているような、
とても身近な行為にも思える。


もちろんそれには、それら過去の記事がどれだけその人自身に忠実であるかに寄るのだが。

ありがとう。

「アリガトウ」という気持ち。

今日もまた何かトラックバックの対象となる記事が無いだろうかと探した。
だがそうして見つけた記事には、残念ながらトラックバックをつける事は出来なかった。


記事を読み、過去これほどまでに多くの「ありがとう。」という言葉に触れた事は無い。
そして、これほどまでに清廉な、全てを包み込むような「ありがとう。」にも。


ありがとう。
人と人との間にある言葉の中で、最も簡素にして、最も優しい言葉だ。



事の起こりは先日と同様に、新着の検索から始まる。
相も変わらずたくさんの記事が生まれている。
一秒に一件のペースで増えているように見えた。

そんな中から、気になった単語を見つけ、アクセスしてみる。

たしかなこと。

その中の一文に興味を覚える。
晴海さんという方のブログを、トラックバック致します。
ありがとう、という言葉の重さが、痛い位に感じられるから。

晴海さんとは誰だろう。
ありがとうという言葉の重さとは何だろう。
ここから更に検索を広げた。
晴海さんという言葉でブログを検索してみる。
検索結果は、今日この時点で2件。
なぜか2件目にヒットした方から参照する。
我ながら相変わらずのひねくれ者だ。
お知らせ
晴海さんのブログの読者さんへ
こちらへ行って頂けますか。

なぜか簡潔に、遠まわしに書かれている。
なぜだろう。
そしてそのページで紹介されていたリンクを頼りに、たどっていく。
消防官ハヤ太の日記


ここでは特にコメントはしない。


翻訳本

人に薦められて読み始めた本を読みきる事は、あまり無い。
もしあるとすればそれは、本人もまたそれを知っていて、
ある程度読みたいと思っている物だろう。

だが今回そうして薦められて読んだ本は、自分では大して読みたいと思ってはいなかった。内容もろくに知らなかった。
その理由は一にも二にも翻訳本であるという事、その一言に尽きる。

翻訳された本とは、結局その本当の作者が伝えたいと思った事を
他の人間の目というフィルター越しに見るに等しいと思えるからだ。
原文を読めれば良いのだが、中々そうもいかない。
だから今までにただの一冊も翻訳本を読んだ事は無かった。
もちろん学校の教科書に載ったものや、あるいは児童書などに載ったものは別だが。

しかし翻訳者もまた文学をこよなく愛する人間であるという事を、最近思うようになる。
きっと翻訳するとなればその作品を人一倍愛する人間なのだろう。実情は知らないが。
だから、それを信じる事にした。



夏への扉

アルジャーノンに花束を

読んだ本は、

夏への扉
アルジャーノンに花束を

この2冊だ。
前者は自分が読みたいと思っていた本。
後者は人に薦められた本だった。

双方ともに日本のそれと変わらず楽しむ事が出来た…いや、変わらずではないか。
それなりの、独特の楽しみ方が出来た。
向こう特有の間…ジョークなどを日本語に翻訳したその無理な感じを含めた楽しみ方だ。

しかし、アルジャーノンに花束を に関して言えば、
その内容が故にかえって翻訳された文章がマッチしているとも思えた。
自然な流れの日本語からわずかにずれた流れ、それが拙さと聡明さをより際立たせるような。
単純に、翻訳家の力によるものかもしれないが。

言葉の心像

人が言葉に耳を傾けるのはどういうときだろう。

その言葉がどれだけその人にとって魅力的か。
その言葉はその人が必要としている言葉なのか。
それらに多分に左右される。
聞きたいと思えない言葉では、簡単には相手に届かない。


人に言葉が真に伝わらないのはなぜだろう。

自分が知る言葉。
相手が知る言葉。
それぞれがその同じ言葉に抱く心像は様々で、一つではない。
それに気づかず、同じ意味で捉えていると考えると思いがけない結果をもたらす。

互いが言葉に持つ心像を、互いがどれだけ認識しあえるか。
それを知る身近な手がかりもまた、言葉なのが困り物ではあるのだが。


ラジオ

風呂場でラジオを聴く。
随分と久しぶりだ。
以前と変わらぬパーソナリティの声が聞こえ、
なんとなしに安心する。


風呂をあがりテレビを見ていると、
たまたまラジオ局の様子が映し出されていた。
災害時にどのように動いたのかという話のようだ。

普段は歌番組のリクエスト用の回線を使い、安否情報を受けつけ、
それを番組で放送していたという。
なるほど設備も使い様だ。
型に囚われず動けるように出来ればすばらしい。
人も、会社も、社会も。


blog ブログ

昨年からブログの動向は気になっていた。
気がつけば猫も杓子もと言った調子になってきている。
別段、コメントに対してどうこうするだとか、
何かの記事に対してトラックバックをつけるつもりは無いが、
思うところあれば、
やはり覚え書きのごとく残して見るも良いかもしれない。


気になりながらも躊躇したのは結局、
この記事…本文の並び方、表現の仕方にある。

日記は日々の積み重ね、
1日から2日、そして3日へと。
日を追って読み進める事のできるような形式が良い。
今もその考えは変わらない。

新しいものが一番上に出てくるという形式だと、
前日からのつながりという見方がしにくい。
それがblogの基本だという事は重々承知だが。

一ヶ月単位での一括表示、日付昇順。
そんな設定がひとつ用意される事を期待している。

事実、そういう改良を施した物も、見掛けはした。
それでも、ある日の中での時間昇順というものだったが。

新しい日記

新年を向かえ、心機一転とばかりに新しく文字をつづる場を設ける。

一年間、自前のサーバーで日記を公開してきた。
それには、単なるADSL回線でどこまで運用出来るのかという
テスト的な意味合いが多分にあった。
結果それは十分に達成出来たと思える。

たが、変化に乏しい部分もあった。
自前でのシステムではあり、何をするにも自由であるはずなのだが、
やはり何か手を入れようと思うと、メンテナンスが大変だ。
改良したいと思った事は何度かあるが、
中々に腰は重く、そのまま放置になってばかりだった。

そこで、前々から気になっていたブログを利用してみる事にした。
どこまで使うか分からないが…しばらく様子見がてら、使ってみよう。

«PREV  | ホームへ戻る |  NEXT»

ブログ検索

Ads

おすすめ商品

お気に入りウィジェット

プロフィール

Author: sinsia
携帯アクセスはQRコードから

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

Map
  1. ギフト

【レビュー】WILLCOM

WILLCOMの9(nine)を買った

新型
ウィルコムストア

プレスブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯画像掲示板

携帯で撮影した画像をアップロードするなら
携帯画像掲示板

Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。