覚え書き

覚え書きに近い日記

→アソシエイトストアオープン お勧めの商品を紹介しています

カテゴリー一覧

«価格.comが一時閉鎖  | ホームへ戻る |  祭»

スポンサーサイト

  •   -  
  •   -  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイステーション3 続報

ソニーから正式にプレステ3についての情報が発表されたようだ。
impress GAME Watchより

SCEI、「プレイステーション 3」を発表
発売は2006年春!! PS/PS2と互換性あり

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントは次世代機「プレイステーション 3」を発表した。発売は2006年春を予定。


先日見かけた記事では年内にも発売かと言った情報もあったが、どうやら発売来年、2006年春となりそうだ。

先日の記事からの考えで語呂合わせから発売日を予想してみると、プレステ2の時は平成12年と言う部分に掛けて3月4日発売とされたが、今年は平成17年。
今回は和暦に関連させるのは無いだろう。
とすると、年は無視して月日のみでの調整をしてくると考える。
春と言う時節から考慮すると、候補は2006年3月21日だろうか。
都合が良い事にこの3月21日は春分の日で休みと来ている。
かなり有力な日だと思われる。
まぁ個人の勝手な予想なのでまったく見当違いであってもご愛嬌。


記事の中で気になった部分をピックアップして見る。



ゲームソフトの媒体(メディア)について

メディアは昨年発表されたとおりブルーレイディスクROM。


SONY BF23G 録画用ブルーレイディスク
Panasonic DIGA DMR-E700BD-S ブルーレイディスク(50GB)/DVDレコーダー

ブルーレイディスクとは、ソニー、松下を始めとする9社が提唱する、DVDの次世代メディアだ。
容量は23~27GBと言うから、現在、PS2で採用されているDVDと比べると実に5~6倍の容量を持つ事になる。
また、これは片面一層での容量であり、これが片面二層となると、更に倍の容量を持つ事になる。
このメディアの特徴として挙げられるのは、著作権保護機能を考慮したメディアだという事だ。
メディア自体にそういった仕組みがあれば、例えばPS2でもあったオンラインゲームの認証も、現在のようなユーザーID、パスワードに加え、世界に一つしかないメディア……いわば鍵とでも表現すればよいだろうか……が無ければアクセスできないような、より強固な仕組みを作れるだろう。

ブルーレイディスクに書き込みを行う事が出来る製品も既に登場はしている。
用途としてはやはりその大容量を生かし、デジタルハイビジョン放送を録画しておく為のメディアと言う扱いのようだ。


Blu-ray Discを採用すると発表されたPS3だが、一つ気になる事がある。
次世代DVDメディアとして考えられている物が、Blu-rayの他にもう一つ存在するからだ。
それが、東芝とNECが提唱する規格、HD DVDだ。
この規格は現行DVDと物理的構造が近く、双方を読む事が出来る機器を作りやすいと言う。
容量は15~30GB。あるいは新しい規格だと20~40GBと言う容量を持つ事になると言う。


現在この2つの次世代DVD規格の間でどうにか折り合いをつけ、統一規格を作ろうと言う動きがあり、折りしも今週に山場を迎えている。
ITmediaLifeStyleより

次世代DVD統一規格に向け、今週にも社長会談


こうした動きがある真っ只中での今回のPS3が採用したメディアの発表、中々に興味深い。



画像の出力について

HDクラスの規格の中では最高画質となる1080pを標準サポートする。


1080pと言う表現を見てピンと来た人はどれくらい居るだろう。
変わりにD5端子と言い換えると、少しはなじみがあるだろうか。
いわゆるD端子の規格の事で、D1~D5までの規格がある。
それぞれ対応は
D1 480i(525i)
D2 480p(525p)
D3 1080i(1125i)
D4 720p(750p)
D5 1080p(1125p)
となっている。
最初の数値は走査線本数を示す数値で、後ろにつくアルファベットはインターレース(i)かプログレッシブ(p)かを示している。
基本的に数字の大きいものは、それより下位の規格の映像を表現する事が出来る。

一般的なDVDの記録映像は、720×480のプログレッシブ。
この規格に当てはめてやるとD2規格、480p(525p)に相当する形だ。
現行PS2ではDVDのプログレッシブ再生まで対応しているようなので、少なくともこのD2の規格、480pでの出力が可能であったと言える。
(上記D端子規格で数値表記を2通り載せてあるが、
 規格策定当初は括弧内の数値での表記が多かった様に思う。
 その後、DVDの画素数をベースとした480表記が増え、
 現在ではそちら側での表記が多くなってきた様だ……が
 細かい事の経緯については不明)
SONY KDL-S23A10 23型デジタルハイビジョン液晶テレビ

D3やD4については、BSデジタル放送で使われている。
今、家電店で売られているハイビジョン対応テレビの大半はこのD4までに対応した物だ。
D5に関しては、BS放送で対応されるかどうかすら、現状では未定と聞き及ぶ。
また、そもそもD5に対応したテレビはこの1年の間にも数える程度しか情報が出ていない。
参考
ITmediaLifeStyleより

「ハイビジョン“テレビ”で世界最大です」――シャープが新AQUOS



と、ここまでの情報を踏まえてPS3のスペックにある1080pと言う数値を見てみる。
現行でもっとも美しい映像を放送しているであろうBSデジタル放送よりも、更に精細な映像を扱うことが出来る、そんな規格と言える。
ブルーレイディスクと言う大容量メディアで提供されるからこそ表現出来得る、最高の美しさなのだろう。
2006年の発売から更に5年先を見据えた製品。
1080pと言うスペック一つ取ってみても、そんな未来を感じさせる。



ハード面について

さらにハードディスクの搭載、USB×6、ブロードバンド対応、コントローラはBluetoothによるワイヤレスで、もちろんPSPも接続可能。


気になる点が満載だが、まずHDDについて見ると、どうやらこれは搭載が可能であると言う事で、内臓していると言う意味ではなさそうだ。

情報が次から次へと登場し、中々追いつく事も出来ないが、以下のような情報が更に追加された。

プレイステーション3スペック判明! PS、PS2下位互換あり コントローラはBluetoothで最大7個まで、PSPも接続可能!!


この中にはこうある。

2.5inch HDDを着脱式で搭載可能。


あくまでも「搭載可能」であり、HDDは別売と言う事なのだろう。
そして更に注目は2.5inchHDDを採用していると言う点だ。
PS2で採用されていたのは、3.5inchのHDD。
これは当時、2.5inchがまだ高価であった事、そして容量的にもゲームをするに耐えうる物が存在していなかった事とが理由としてあったのだろう。
だが昨今のPC事情を見ると、2.5inchHDDでも、最大容量100GBを超える物も登場。
20~40GB程度の容量であれば、PS2のHDDユニット発売当時と同等かあるいは安いくらいで入手も可能となってきている。

2.5inchHDDを用いれば、電力面での省電力化。
また発熱問題も3.5inchよりも気にせずに済むと言う利点がある。
初期PS2ではファンの音がかなり問題と思われたので、その辺を意識しているのかも知れない。

ただ2.5inchHDDでは、データの読み書き速度と言う面で3.5inchHDDよりも劣る場合が殆ど。
そこが問題とならないだろうかと言う懸念を若干、感じる。

さらに面白いところではメモリースティックのほか、コンパクトフラッシュ、SDも入出力をサポートしている。


ここで面白いとして紹介されているのは、SONYがメモリースティック以外のメディアに対応しよう、と言うその姿勢だ。
特にSDカードの開発には松下、東芝と言うライバル企業が携わっている。
松下こそ先の次世代DVD規格において協同している物の、東芝は真っ向からのライバル状態。
そんなメモリカードに対応する、と言うのはこのメディア業界でのSDカードの強さを物語っているように思える。
事実、近年発売されているデジタルカメラなどはSDカードを採用しているモデルが殆どだ。(自分が先日購入したデジカメもまた然り)
SDカードへの対応は、デジカメとの親和を意図しているのかも知れない。

プレイステーション 2発売当初は互換性を取ることが大きな話題となったが、今回も互換性を取ることが発表されている。久夛良木氏は以前、「互換性はプレイステーションの文化」と語っていたことがあったため、今回も互換性を取ったものと思われる。


PS2での成功の影には、初代プレステのゲームソフト資産をほぼ全て引き継ぐことが出来た点が多分にあったと思える。
DVDビデオの再生機能も、当時としては魅力的だったと言うのも同等に影響したと思うが。

ゲームを目的として買おうと思った人の多くは、まずソフトの充実を求めるものだ。
その点で、当時ライバル機だったDreamCastやNintendo64、その後のGameCubeは太刀打ち出来なかったと言える。

今回のPS3もまた、その莫大な資産を背景に販売を迎える事になる。
果たしてこれに対抗する事が、Xbox360に、そして近く情報が出るであろう任天堂の次世代機に出来るだろうか……。



今回の記事を書くにあたり、以下のサイトの情報を参考にさせていただいた。
ITmediaより
次世代DVDへの飛躍
IT用語辞典より
HD DVD
Blu-ray Disc 【ブルーレイ・ディスク】


impress GameWatchよりPS3関連記事

SCEI、「プレイステーション 3」を発表
発売は2006年春!! PS/PS2と互換性あり


プレイステーション3スペック判明! PS、PS2下位互換あり コントローラはBluetoothで最大7個まで、PSPも接続可能!!

PS3は「コンピュータエンタテインメントのためのスーパーコンピュータ」

3Dゲームファンのためのプレイステーション 3基本講座
~プレイステーション 3のスペック表の読み方
スポンサーサイト


コメント

無線でつなぐと・・・ 

Bluetoothで、ワイヤレス接続!、というと聞こえはいいのですが、
使用周波数帯と電波である都合上、ペースメーカーに影響を
与える可能性は否定できない、という困った問題もあったりします。

URLはソニーの別製品の注意書きですが、
「心臓ペースメーカーの装着部位から 22cm 以上はなして使用~」
と、微妙な(PL法を踏まえた)表記がPS3にもされるのかな、と思います。

有線という手段もあったほうが無難とは思いますが、
どうなのでしょうね。

有線は欲しい 

ペースメーカーも最近のは結構電波対策されてるとは思うが、気になる所ですな。
爺様は左鎖骨下辺りにペースメーカー埋めてたが、携帯とか普通に持って使ってた。
いいのかョ!と思って見てた物だった。

確かに無線は色々と面倒がありますわね。
電池をセットしないといけなかったりもするだろうし。
有線は欲しいけど、口がないのかしら。
USB接続の有線コントローラなんてのが出たりして。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sia.blog4.fc2.com/tb.php/171-41426a27

«PREV  | ホームへ戻る |  NEXT»

ブログ検索

Ads

おすすめ商品

お気に入りウィジェット

プロフィール

Author: sinsia
携帯アクセスはQRコードから

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

Map
  1. ギフト

【レビュー】WILLCOM

WILLCOMの9(nine)を買った

新型
ウィルコムストア

プレスブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯画像掲示板

携帯で撮影した画像をアップロードするなら
携帯画像掲示板

Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。