覚え書き

覚え書きに近い日記

→アソシエイトストアオープン お勧めの商品を紹介しています

カテゴリー一覧

«Visual Basic 2005 Express Edition  | ホームへ戻る |  アレンジ3»

スポンサーサイト

  •   -  
  •   -  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークHDD HD-HG250LAN

先日から購入を考えていたネットワーク接続のハードディスク、いわゆるNASを購入した。

BUFFALO HD-HG250LAN

購入したのはBUFFALOのHD-HG250LANだ。
容量250GB、ギガビットイーサ対応。
USB端子を備え、HDDを接続すれば容量アップ、あるいはプリンタを接続すればネットワークプリンタとして共有できる。

私の場合はこれにPCでテレビ録画したファイルを書き出そうと思っている。
必要な容量は30分で大体1GB。
250GB全てを使えば最大で7500分、125時間の録画が可能となる計算だ。

早速HUBを介して設置。
ファイルのコピー等をして問題なく動作する事を確認する。

が、この時ちょっと気になる点があった。
どうも書き込みの速度が遅い。
パソコン同士でのファイルのやり取りに比べ、明らかに遅かった。

原因を考える。
HUBの速度だろうか。HUBは100Mb対応の物を使用している。
しかしパソコン同士の接続も同じHUBを介して行われている。
そこが原因とは考えにくい。

NASに組み込まれているであろう機器の性能だろうか。
しかしバッファローのサイトによれば、100Mbであろうとも公称値で140Mbは出るとされている。
同時に、これがギガビットになると190Mbの速度になるともある。


どうにも気に入らないが、HUB等をギガビット対応とすれば改善されるだろうか。
HUBの交換は少々面倒だが、速度改善のためだ。
仕方ない。

と言うことで早速Gigabit対応HUBを購入した。
BUFFALO LSW-GT-8NSR 1000/100/10MスイッチングHub8ポート
BUFFALO ETP-C6-F2BK カテゴリ5E/カテゴリ6 ストレートLANケーブル

購入したのはやはりBUFFALOのLSW-GT-8NSRと言う製品だ。

ついでにLANケーブルも明確にGigabit対応の物をそろえる。
Gigabit対応のケーブルはカテゴリ6と言う種類に属する物が好ましい。
カテゴリ5でも使える様だが、基本的にはカテゴリ5が正式に対応を謳うのは100BASEだと考えておきたい。
Gigabitである1000BASEに対応した規格としてカテゴリ5E(エンハンスドカテゴリ5)と、カテゴリ6が登場している。
今から購入するならこれらカテゴリの物を買った方が良いだろう。


パソコン側のLANの口はもちろんGiga対応である事は確認してある。
もっとも、Gigabitに対応しているパソコンは、たまたまそのテレビキャプチャを接続しているPCだけだったりするのだが。
まぁラッキーだと思っておこう。
場合によっては今後、他の端末もGiga対応とするのも良いかも知れない。


さて、これで速度は改善されているはずだ。
そう思ってファイルのコピーを試みる。

結果、確かに速度はアップした。
今まで10分以上はかかっていたものが半分の5分程度でコピーできると言った具合だ。
感覚的に、PC同士のファイルコピーの速度とも遜色ないと思えた。


少し客観的なデータをと思い、ベンチマークを取ってみた。
使用したのはHDBENCHだ。
PCの基本スペックは以下のようになる。

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name LV-671NSMP/i855GM
Processor Pentium III 1294.89MHz[GenuineIntel family 6 model D step 6]
VideoCard RADEON 9200 SERIES
Resolution 1024x768 (32Bit color)
Memory 523,760 KByte
OS 5.1 (Build: 2600) Service Pack 2
Intel(R) 82801DB Ultra ATA Storage Controller - 24CB
プライマリ IDE チャネル
Maxtor 4R080L0



PCのLANカードは以下のもの。
Intel(R) PRO/1000 MT Network Connection(オンボード)

HUBは以下のもの。
10/100対応LSW10/100-8NWP
100/1000対応LSW-GT-8NSR

ベンチを計る前に押さえておきたいポイントとして、ギガビットのイーサネットではジャンボフレームと言う設定がある。
要は一度に転送するデータの一塊のサイズを大きくして効率を上げようと言う仕組みだ。
これについてもいくつかの設定があるので、色々な組み合わせで試してみた。
ReadWriteCopy
PC側 Jumbo Frameオフ
HD側 1518バイト(デフォルト)
941546574553
PC側 4088バイト
HD側 4100バイト
15237121128320
PC側 4088バイト
HD側 7418バイト
154541215611303
PC側 9014バイト通信不可
PC側 16128バイト通信不可
(参考:100BASEでのPC同士)10433112196767

JumboFrameがオフの時、すなわち最初の遅いと感じた時の速度と、JumboFrameがオンの時のRead(読み込み)とWrite(書き込み)の値を単純に比較してみると、Readの速度で1.6倍、Writeの速度で実に2.6倍にもなった。
中々の効果が得られた。

PC同士でのベンチについて見てみると、もう一台のPCは100MbのLANカードであるにもかかわらず、この速度が出ている。
これを見るとやはり、NASに組み込まれている機器の性能の問題なのだろうかと思えてしまう。

ま、いいか。
最終的な速度を見るとNASの方が早くなったのだし、よしとしよう。

なお、理由は分からないがジャンボフレームで設定出来る値がPC側とHDD側でまちまちだった。
ジャンボフレームにも幾つかの規格があるのだろうか。
上記テスト結果を見ると、PC側のフレームサイズがHDDよりも大きくなってしまうと、どうも通信がうまくいかないようだった。
不思議だが、そういうものなのだろうか。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sia.blog4.fc2.com/tb.php/182-4feddcbc

自作~メーカー製までパソコン購入について♪

パソコンを買おうと思っている方は是非一度ご覧ください♪自作パソコンからメーカー製パソコン、BTO販売店などパソコン購入に役立つ情報を提供しています。

«PREV  | ホームへ戻る |  NEXT»

ブログ検索

Ads

おすすめ商品

お気に入りウィジェット

プロフィール

Author: sinsia
携帯アクセスはQRコードから

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

Map
  1. ギフト

【レビュー】WILLCOM

WILLCOMの9(nine)を買った

新型
ウィルコムストア

プレスブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯画像掲示板

携帯で撮影した画像をアップロードするなら
携帯画像掲示板

Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。