覚え書き

覚え書きに近い日記

→アソシエイトストアオープン お勧めの商品を紹介しています

カテゴリー一覧

«蝉の声  | ホームへ戻る |  ブログぼん 微調整»

スポンサーサイト

  •   -  
  •   -  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドベンチャープレイヤー ADVP

PSPで発売されたソフトで、ADVENTURE PLAYERと言うソフトがある。

ADVENTURE PLAYER
NEBULA -ECHO NIGHT-

発売元はフロム・ソフトウェア(ソフト専用ページはこちら)だ。

フロム・ソフトウェアと言えば、個人的にはNEBULA -ECHO NIGHT-(ソフト専用ページはこちら)と言うソフトを出しているのが記憶に新しい。

アドベンチャープレイヤーはユーザーが作成したソフトをPSP上で遊ぶ事が出来ると言う点が売りのソフトだ。
ソフトが発表された当初から少々興味を覚えていたのだが、ある日、店頭のゲームソフト売り場を見てみると、それがあった。
どうやら雑多な日々を送っている内に、いつの間にか発売されていたようだ。

と言うことで購入してみた。


早速プレイしてみよう……

……と思った所が、なんとした事か、私の持つPSPではそのまますぐに遊ぶ事が出来なかった。
アドベンチャープレイヤーを起動するには、PSP本体のシステムソフトウェアのバージョンが1.5以上である無ければならないと説明にあった。
システムのアップデートについては、自分でも以前に紹介したくらいなのに、何故アップデートしていないのか。

アップデートしなかった特別な理由は無いのだが、しいて言えば、ただ単に面倒だったからと言う他無い。

しかし昨今になり状況を見てみると、PSP本体のバージョンが1.0じゃないと出来ない事もちらほらとあるように見受けられる。
ここではそれについて深く追求はしないが、一度バージョンアップすると元には戻せないと言う事なので、なんとなく勿体無いかなと思ってしまった。

なのでソフトを購入したくせにまだ起動すらしていない状況だったりする。
じゃあ仕方ない、と言う事で、だがこのまま放置するのもつまらないと思った為、アドベンチャープレイヤー上で動作するソフトを作る為のツールを落としてみたりした。
ダウンロードはこちらから出来る。

ここで公開されているソフトは二つ。
アドベンチャープレイヤースタジオと、ADVPマテリアルビューワーと言うソフトだ。
どちらもWindows上で動作するソフトで、無料とある。

私はてっきりこのビューワーと言う物が、パソコン上でデバッグできるツールなのかと思ったがそうではなく、単純にアドベンチャープレイヤー内で使う事が出来る素材の確認が出来るだけの物のようだ。
色々と情報を探しても見たが、どうやら動作の確認はPSP実機上でなければ出来ないらしい。
おそらくそれが出来てしまうと、PSP本体やソフトを購入せずとも遊べてしまう為であろう。
が、不便なことこの上ない。

また、ツールそのものについても、慣れの問題はあるだろうが、非常に使い勝手が悪いように思える。
文字を表示する為にテキストを追加すると言った操作も、1画面単位でイベントを一つ一つマウスを用いて追加していってやらなければならないと言った具合だ。
これではとてもじゃないが作っていられない。

このツールを使った結果、保存されるファイルはどのような形式なのかと思いテキストエディタで開いてみたところ、どうやらXML書式に則ったファイルだった。
要は単なるテキストファイルだと言う事だ。

これならちょっとした物であれば自前でテキストの変換ツールなどを作って見る事も出来るかもしれないな。
そう思ってしまったので、ほんの僅かでもソフトの製作が楽になればと、一つソフトを作ってみた。
それをここで公開してみよう。

ダウンロードはこちらから

ソフトの作成に使ったツールは先だって記事にしたVisual Basic 2005で作成したのだが、これだと.NET Frameworkのバージョン2.0が導入されていないと動作しない。
これはまだ一般に広く普及しているわけでもないので、公開するには不向きだとして、バージョンを落としてVB.NET2003にて作り直したりした。
これなら、.NET Framework 1.0、あるいは1.1があれば動作可能だ。
普段からWindows Updateを行っている人であれば、既に導入されている事が殆どのはず。
もし入っていない人が居るなら、Windows Updateから入手できる。

画面はこのような感じ。
20050731txt2advp.png

使い方その物は、ボタンも少なく特に問題ないと思うが、設定項目の意味についての説明を入れよう。

まず決めるのがモードの選択。
GlobalとLocalの二つから選択する形となっている。
アドベンチャープレイヤースタジオ(以下ADVPS)の仕組みを見ると分かるが、


テキストを追加する場所として「グローバル」と言う場所と「シーン毎」と言う場所の二つのパターンがある。
20050731advpglobal.png20050731advplocal.png

これらにあわせて選択して欲しい。

次に出力先ファイルが既に存在していた場合の動作として「上書き」か「追加」かを選択する。
あとは変換元と出力先のファイルパスを設定すれば準備完了。
「変換実行」ボタンをクリックする事で変換が開始される。

この時変換元として指定したファイルの形式の条件だが、Shift-JISで保存されたテキストである事がまず一つ。
次に、1項目の区切りの判断だが、空行が出現した所で区切りだと判断する。
まぁこれは一度試しに変換すると分かるかなと思う。


変換した結果出来上がるファイルについてだが、あまり凝った事をしているわけでも無く、テキストの部分だけをADVPSの書式に則って出力しているだけ。
この出力先ファイルをテキストエディタで開き、中身をコピーして、ADVPSにて作成されたファイル(拡張子pat)の中身を、テキストエディタにて自らの手で書き換えてやる。
その結果できたpatファイルをADVPSにて読み込ませれば、煩雑なテキストの追加をする事無く、入力が完了した状態になっていると言う塩梅だ。

これでテキストの打ち込みは大分楽になるだろう。
それ以外の部分についてはろくに見ても居ないので、この先どれだけ大変な事が待ち構えているのか少々不安だ。


まぁ何をするにしてもまずはバージョン1.5以上のPSP本体を入手する事が先決なわけだが。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sia.blog4.fc2.com/tb.php/201-5c43cb66

今日公開の

PSPソフト「ADVENTURE PLAYER」のコンテスト優秀作品を公式サイトで公開されました このゲームはアドベンチャーゲームを自分で作成できるもの 価格も安めで話題になったゲームである ADVENTURE PLAYERおすすめ平均 自分で作るか・・・配布を探すか・・人を選ぶソフトか.

«PREV  | ホームへ戻る |  NEXT»

ブログ検索

Ads

おすすめ商品

お気に入りウィジェット

プロフィール

Author: sinsia
携帯アクセスはQRコードから

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

Map
  1. ギフト

【レビュー】WILLCOM

WILLCOMの9(nine)を買った

新型
ウィルコムストア

プレスブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯画像掲示板

携帯で撮影した画像をアップロードするなら
携帯画像掲示板

Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。