覚え書き

覚え書きに近い日記

→アソシエイトストアオープン お勧めの商品を紹介しています

カテゴリー一覧

«中秋の名月  | ホームへ戻る |  iPod nano 4GBで27,800円»

スポンサーサイト

  •   -  
  •   -  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPod nano購入 iTunes導入

と言う事で早速iPod nanoを購入してしまった。

iPod nano

購入に至るまではまた少々の波乱があったりもした。

金曜日
秋葉原にて在庫を確認するも、電池の持ちが気になり保留。

土曜日
再度秋葉原に向かうも、各店在庫切れ。
ビックカメラ.comにて在庫確認。注文の処理に進むも、店頭在庫があればそちらで購入したほうが早く手に入るとの思惑から、ビックカメラ池袋本店まで電話にて在庫問い合わせ。
結果、店頭在庫切れとの事でその電話の最中に既にネットの注文ボタンをクリック完了。

日曜日
ビックカメラ.comより商品発送のメール。

月曜日
ペリカン便の不在通知到着。

火曜日
何とか時間を作り、しかし再配達は無理な時間だった為、自ら営業所に乗り込みようやくゲット。

少々回りくどい道筋を辿ったが、何とか手に入れた。
20050913image0793.jpg

箱から取り出し、しばしその本体の小ささ、質感の良さに酔いしれる。
と、眺めているだけでは意味も無いので、早速使ってみよう。

使うに当たって、まずはAppleから配布されているiTunesをインストールする。
iPod nanoのパッケージにもCDの形で添付されているが、ここはAppleのホームページからダウンロードする形を取る事にした。
ネットの情報を見ると、どうやらパッケージに含まれるiTunesのバージョンが若干古いというのを見たからだ。

iTunesのダウンロードはこちらから

現在の最新バージョンはiTunes5らしい。
メールアドレスの入力が必要なほかは特に面倒な手続きも無くダウンロード可能だった。
インストール時には当然日本語を選ぶ事が可能。
全てのメニューは日本語表記なのでまったく操作に問題は無い。
早速独自に管理している音楽ファイルのフォルダをiTunesに登録してみる。

全部の曲を認識するためにそこそこの時間を要した。
そしてその中でメッセージが表示された。
「wmaファイルがあります……AACフォーマットに変換しますか……」と言ったメッセージだ。

そういえば再生時間の他にもう一つ気にしておかねばならない点があった。
再生可能フォーマットは何なのかと言う点。
殆どの曲はmp3で管理しているため、対して問題でもなかったが、一部wmaのファイル等も存在していた。
これは再生できるのか?答えはNoだった。
この場合、別の音楽ファイルフォーマットに変換する事で回避するほか無い。
ファイルフォーマットを変換すれば再生できるのでさして問題でもないのだが、もし楽曲をwmaメインで管理している人がいたら、注意しておきたい。


ようやく曲の登録が終わった段階で、いよいよiPod nanoを接続してみる。
接続には専用のケーブルが必要だ。
一般的なUSBケーブルを使用できないのはマイナスポイント。
これが充電も兼ねているというので仕方ないのかもしれない。

iPod nanoは接続すると自動的に認識された。
そして設定画面などでは○○のiPodと表記される。
ログインユーザー名でも拾っているのだろう。
ありがたいような、セキュリティの面で迷惑なような。

とりあえず曲を転送して再生してみたいと思い、転送する曲を見繕おうとした。
が、良く見ると90年代音楽と言うカテゴリがiTunesに出来上がっていた。
どうやら曲に入力した年代のデータを自動で認識してこうしたリストを勝手に作ってくれたらしい。
どうも小さな親切な気がしたが、これがiTunesの流儀なのだと納得し、これをそのまま転送してみる事にした。

転送は簡単。
iTunesの画面上にはiPod nanoもまた曲と同列に認識されている。
そのアイコンに対して曲をドロップしてやればそれで転送が開始されるという仕組みだ。
この辺の直感で操作できる操作性の良さは心地よい。

曲の転送を開始して、おそらく時間が掛かるだろうと思い、風呂へ。
風呂からあがると既に転送は完了していた。

PCとの接続を切って、ヘッドホンを繋ぐ。
繋ぐヘッドホンはもちろん今まで使っていた馴染みのヘッドホンだ。
iPod nanoに付属していたヘッドホンは使っていない。
封に入れたままだ。


早速再生……ふむ、音質は悪くない。
結構初期の頃のiPodだと、音の質が悪いというのを見た記憶があるが、少なくともこのnanoにおいては問題ないだろう。

おもむろに再生したまま胸ポケットへ放り込む。
うーん……薄い。ポケットに何かが入っていると言う意識があまり起こらない。とても自然な感じがする。
胸ポケットに入れたまま操作してみようか……自分はよく曲をスキップさせたりする事が多い。
今までのMuVo2だと、胸ポケットに入れたまま、生地の上から操作していた。
iPod nanoでも同じように操作を……と思ったが、それはちょっと無理がありそうだった。
何しろ、取っ掛かりが無い。
表面が平坦なので、何処がボタンなのかが手探りではサッパリ分からない。
と同時に、このクリックホイール、回転させるような動きをすると、曲の再生中は音量の調節になってしまう。
下手すると、いきなり大音量が響き渡る事になってしまう。
これでは今までと同じ操作をするのは難しいかもしれない。
取り出して操作すればよいことではあるのだが……


何はともあれ、iPodを所有しているのだという満足感は非常に高い。
こういう小物が好きなあたり、日本人だなぁなどと思ってしまったりもする。
そしてそれこそが今回のAppleの狙うターゲットなのだろうと思うと、まんまとしてやられたと言う感覚もある。それはある意味、お互い秘密を共有しているようなにんまりとした感覚でもあったりするのだが。


さて。とりあえず使ってみた感じはこれくらい。
今後、日常使う中でどのように思っていくのだろう。

また、このiPodを購入したことで、以前にちょっと考えていたMac Miniの購入意欲がまた少し沸いてきた。
パソコン本体は今あまり気味なほどなので、iPod nanoを購入するほど簡単に行動には足らないが。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sia.blog4.fc2.com/tb.php/217-bc805ffa

apple iPod nano - ipodnano

iPodnanoを購入、画像アップ、価格比較を行いました

【MP3プレーヤー】iPod nano(アイポッド・ナノ)

世界最大大手の米アップル社が、サムスン電子のフラッシュメモリー半導体を搭載した、iPod nano(アイポッド・ナノ)を公開!従来のiPodより大幅に価格が安くなった!なんと2万円台に!

«PREV  | ホームへ戻る |  NEXT»

ブログ検索

Ads

おすすめ商品

お気に入りウィジェット

プロフィール

Author: sinsia
携帯アクセスはQRコードから

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

Map
  1. ギフト

【レビュー】WILLCOM

WILLCOMの9(nine)を買った

新型
ウィルコムストア

プレスブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯画像掲示板

携帯で撮影した画像をアップロードするなら
携帯画像掲示板

Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。