覚え書き

覚え書きに近い日記

→アソシエイトストアオープン お勧めの商品を紹介しています

カテゴリー一覧

«最初の一歩  | ホームへ戻る |  人の鼓動»

スポンサーサイト

  •   -  
  •   -  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟲師

蟲師と言う漫画がある。

The Sore Feet Song ~TVアニメ「蟲師」オープニングテーマ~

今より少し古いような時代。
人とは少しずれた世界に生息している虫のようなモノ達、それらを蟲と呼び、それらに携わり生業を立てる人々を蟲師と呼んだ。
蟲と言うだけにそれらはどれも下等で異形で、そして人々にとても近い所に居る。
そんな世界観。
物語はとても淡々と語られる。
それが時に心地よく、時におどろおどろしさを増しても居る。

この蟲師が、現在テレビアニメとして放映されている。
放送スケジュールはこちら
今日現在までに第二話まで放送され、そのどちらも原作の雰囲気を崩す事無く映像化してくれている。

第一話「緑の座」
左手で描いたモノは生命を宿す力を持った少年と、それを見守る祖母の話。だが祖母は半分でしかなかった。

第二話「瞼の光」
光を見ると目が痛む少女と、世話をする少年。いつしかその患いは少年へと移りゆく。その目の患いは蟲の故であった。

どちらも原作に忠実に再現されている。映像で表すのは難しい漫画だと思われるだけに、見事と言うしかない。
この先の話も楽しみだ。

蟲師公式サイトよりあらすじ。

ここでの蟲とは動物でも植物でもない、微生物や菌類とも違う、もっと命の原生体に近いモノ達。それらを総じて「蟲」と呼ぶ。それらは形や存在が曖昧で、ヒトと蟲とが重なる時、人智を超えた妖しき現象が生まれ、ヒトは初めてその存在を知る。
生命とは、他をおびやかすために在るのではない。ただ、それぞれが在るように在るだけ──
こうした「蟲」とヒトとをつなぐ「蟲師」である主人公ギンコが、旅の途中で様々な人々と、それに関わる蟲達に出会ってゆく。一話ごとに登場人物が異なる読みきり絵巻。



蟲師 (1)
蟲師 (2)
蟲師 (3)
蟲師 (4)
蟲師 (5)
蟲師 (6)


予約を入れていたのだが、第一話と第二話の開始時間が5分違っていた為、僅かにとり逃したのが少し悔しかった。

昔の記憶

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sia.blog4.fc2.com/tb.php/237-04deeb35

蟲師 / 漆原友紀

■□■蟲師 / 漆原友紀 ■□■■ここでの蟲とは動物でも植物でもない、微生物や菌類とも違う、もっと命の原生体に近いモノ達。それらを総じて「蟲」と呼ぶ。それらは形や存在が曖昧で、ヒトと蟲とが重なる時、人智を超えた妖しき現象が生まれ、ヒトは初めてその存在を...

«PREV  | ホームへ戻る |  NEXT»

ブログ検索

Ads

おすすめ商品

お気に入りウィジェット

プロフィール

Author: sinsia
携帯アクセスはQRコードから

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

Map
  1. ギフト

【レビュー】WILLCOM

WILLCOMの9(nine)を買った

新型
ウィルコムストア

プレスブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯画像掲示板

携帯で撮影した画像をアップロードするなら
携帯画像掲示板

Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。