覚え書き

覚え書きに近い日記

→アソシエイトストアオープン お勧めの商品を紹介しています

カテゴリー一覧

«Yahoo!商品検索でトラックバック受付  | ホームへ戻る |  寒い»

スポンサーサイト

  •   -  
  •   -  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無償公開されるVisual Studio 2005 Express Edition正式版

マイクロソフトの開発ツールで気になる記事が見かけられた。
impress窓の杜より

「Visual Studio 2005 Express Edition」日本語正式版の一般向け無償公開開始
VBやC#による最新のプログラム開発を無料で行えるうえ、チュートリアルも充実


以前にもVisual Basic 2005 Express Editionのベータバージョンが公開されている事を書いたが、それの正式版を含む開発ツール群がこの度公開となったようだ。

Visual Studio 2005 Express Editionに含まれる言語――すなわち、Visual Basic 2005 Express EditionVisual C# 2005 Express EditionVisual C++ 2005 Express EditionVisual J# 2005 Express Editionの4つの言語――で作成されたプログラムは、先日よりWindowsUpdateにも登場するようになった「.NET Framework 2.0」が導入されたシステムであれば動作するようになる。これは最新のWindowsプラットフォームであれば、大抵の場合そのままで動作するであろう事を示す。
以前のVisualBasic6.0などの場合は、それで作られたプログラムを動作させる為のランタイムと呼ばれるdll群を自ら導入する必要があったために少々面倒だったが、WindowsUpdateから手に入るのであれば、そういった手間も無い。プログラムを作って配布する際も、動作させるにはWindowsUpdateをしてください、で済む。これが地味だがありがたい部分だ。

これら開発ツール群と同時に、データベースソフトであるSQL Server 2005 Express Editionもまた、公開された。
これは以前で言えば、MSDE(MicroSoft Desktop Engine)と言う名前で公開されていた物の後継に当たる。サーバーOSで無くてもローカルにデータベースを構築する事が出来る為、開発時の検証用としてよくお世話になっている。無料だからといってその機能は侮る事は出来ない。ストアドプロシージャやトリガを利用できるなど、同社製のMicrosoftAccessよりも高度なデータベースが構築できる。もっとも、それを管理するのはAccessの比では無い。
しかしながら使いこなせればより大規模なデータベースアプリケーションも構築する事が出来るだろう。

もちろんWebとの連携もありだ。
Webの開発についても、Visual Web Developer 2005 Express Editionと言う形で無償公開されている。これを使えば、先にあげた言語を用いてASP.NETのWebアプリケーションを作成できるといった寸法だ。

更に言うならば、今後登場するMicrosoftOffice製品についてのマクロ部分がこの.NETの技術がベースとなったものになると言う話も聞く。
おそらくはそちらの方向からこの.NETは浸透して行くのではとも思うが、逆にこの無償で公開されている開発言語群を用いて僅かなりと触っておけば、業務の強い味方にもなってくれるかもしれない。

私も時間が取れたならVisualBasic2005を用いて何かしらのアプリを作ってみたい所だ。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sia.blog4.fc2.com/tb.php/258-f1356be6

«PREV  | ホームへ戻る |  NEXT»

ブログ検索

Ads

おすすめ商品

お気に入りウィジェット

プロフィール

Author: sinsia
携帯アクセスはQRコードから

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

Map
  1. ギフト

【レビュー】WILLCOM

WILLCOMの9(nine)を買った

新型
ウィルコムストア

プレスブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯画像掲示板

携帯で撮影した画像をアップロードするなら
携帯画像掲示板

Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。