覚え書き

覚え書きに近い日記

→アソシエイトストアオープン お勧めの商品を紹介しています

カテゴリー一覧

«Yahoo!オークションの詐欺メールが来た  | ホームへ戻る |  ニンテンドーDS Lite 3色が同時登場»

スポンサーサイト

  •   -  
  •   -  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SH902iに付属のSD-Jukeboxを使って音楽を転送する

前回、携帯動画変換君を使って作った音楽ファイルをSH902iに転送する方法を書いたが、その場合はいくつかの制限があった。
一つはイコライザ機能が使えない事、そしてもう一つはアクティブマーカー機能に曲が表示されない事。
これらの機能を有効とするには、著作権保護がなされた形で携帯電話に曲を転送しなければならない。この形式をSD-Audioと呼ぶ。
そしてその形式で曲を管理するソフトが、SD-Jukeboxと言うソフトだ。

このSD-JukeboxはSH902iを購入すると付いてくるCDに含まれるソフトウェア。これをインストールして使う。

起動してみた画面はこのような感じ。


よくあるメーラーの画面構成に似ている。左側でアーティストやアルバム単位で選択、右に曲のリストが出てきてそれを選択して再生、あるいはSDカードに転送する。
では曲を取り込んでみようと言う事で実際にやってみた。今回はCDから直接SD-Audioを作ってみる。
用意したのは個人的にとても気に入っている岩男潤子のFavorite Songsだ。

Favorite Songs

→携帯でこの商品を買う

SD-Jukeboxを起動してCDをセットすると左にCDのアイコンが追加される。そのCDアイコンをクリックすると自動的に音楽データベースへ接続され、アルバムや曲名が取得され画面に表示された。


ここから取り込む曲を選択して画面下部のStartと言うボタンをクリックすればハードディスクに取り込まれて行く。取り込んだ音楽は自動的にアーティスト別、アルバム別と言った区分けで管理される。


この辺は最近の音楽プレイヤーには良くある機能だろう。WindowsMediaPlayer等でも同様の機能があったりする。

こうして取り込んだ曲を今度はSDカードへ転送する。
転送の要領はCDからHDDへの取り込みと大差ない。HDDに取り込んだ音楽を選択し、SDカードへの転送をStartで開始すれば良い。

と、サラリと書いたがここで注意点が一つある。
それはSDへ曲を転送するには、SDMI(Secure Digital Music Initiative:デジタル音楽著作権保護協議会)に対応したメモリカードとメディアのリーダーライターが必要だと言う事だ。
メモリカードについては先日にも紹介した1GBのminiSDカードは著作権保護機能に対応している。他にも多数存在しているだろう。
HNT-MN1GMA miniSDカード Mシリーズ アダプター付

→携帯でこの商品を買う

さらに以下の商品ではユーザーのレビューにより、SH902iでも動作が確認されているようだ。
AD-MSDP1G miniSDメモリーカード 1GB 6MB/sec

→携帯でこの商品を買う

逆に使用できなかったとしてのレポートがあがっている物もある。
木の実きのまま - 白のみ!さんより

SH902の思わぬ落とし穴 - まさか・・・
SH901icで使用していたMiniSDカードが認識しない!
ちなみに認識しなかったのは「KINGMAX製 512MB」です。
購入される方は気をつけてください。


もちろん本体側あるいはメディア側での個体差により、これは動作したから全て大丈夫、これは動作しなかったから全てが駄目であると100%いえる物では無いとは思うが、こうした動作情報は重要な指針となる。

ちなみに私が使用している1GBのminiSDカードはTranscend製の物で型番はTS1GSDM80とある。この商品については残念ながらAmazonでは取り扱っていなかった為、画像を持ってくる事が出来なかった。512MBの物ならば扱っているようだったので以下に紹介しておく。
TS512MSDM 512MB miniSDカード

→携帯でこの商品を買う

1GBが使えたからと言って512MBの物ならば大丈夫と言う保障も無いが、参考にして欲しい。

次にそのminiSDを読み書きするためのリーダーライターだが、こちらは中々見つけにくい。良く世間で売られている「○種類のカードを使えます」と言ったような物だと対応していない事が多いし、ノートパソコンなどに場合によっては付いているSD専用のスロットなどでも対応していなかったりもする。実際、今使っているノートパソコンLaVieRXについているSDカードのスロットでは書き込むことが出来なかった。

では対応している製品は? と軽く探してみたが、確かに対応している製品はとても少ない。そんな中、以下の商品は対応しているようだ。
Panasonic BN-SDCGP3 SDメモリーカード用USBリーダーライター

→携帯でこの商品を買う

ではコレを買えば良いのか。確かにコレがあれば転送が出来るようになる。
だがもう一つの選択がある。それは携帯電話そのものをSDリーダーライターとしてパソコンに認識させる方法だ。
その為にはFOMAとパソコンを繋ぐケーブルを用意する必要がある。
こちらであれば先の物よりは多少ラインナップが多い。
例えば以下のような商品になる。
I-O DATA USB-3GF NTTドコモFOMAシリーズ対応 通信ケーブル

→携帯でこの商品を買う

サン電子 CS-10U FOMA用USB接続ケーブル

→携帯でこの商品を買う

こういったFOMAとデータ通信が出来るケーブルでSH902iを接続し、SH902iの機能の一つ「USB接続モード」にすると、miniSDを直接パソコンのドライブの一つとしてみる事が出来る。この時、SH902iは著作権保護機能に対応したSDカードのリーダーライターとして機能してくれる。

だが私は今回、上に挙げたものとはまた違うケーブルを購入した。
いや、正確に言うとケーブル単体ではなく、ケータイメモリ編集ソフトに付属しているケーブルを購入した。
購入したのは以下の商品になる。
携帯シンク for Windows 2005 FOMA充電ケーブルセット

→携帯でこの商品を買う

このケーブルだと、FOMAとのデータ通信が可能な上、USBの電源を用いて携帯電話の充電まで可能となる。通信専用のケーブルより多少割高だが、充電機能もある上に携帯のメモリ編集ソフトも付くならば、とこれを選択した。
他にもUSBケーブルが付属する携帯メモリ編集ソフトはいくつかある。例えば以下のような物。
携快電話 13 FOMA USB充電コード付き (説明扉付き厚型スリムパッケージ版)

→携帯でこの商品を買う

だが価格的に前述の携帯シンクの方が安かったのでそちらを選択した。それに正直なところではメモリ編集機能を使うかは分からないので……

と、少々話しがずれたが、SD-Jukeboxを使って作成したSD-AudioをSH902iに転送するにはこうした機器が必要になってくる。
以下は実際にパソコンと接続し、SDカードが認識され、曲を転送した状態の画面。


こうして転送した音楽ファイルであれば最初に挙げた二点、イコライザ機能とアクティブマーカー機能が有効に機能するようになる。


少々長い道のりだったが、SH902iの機能をフルに活用するならばこうした機器を一式揃えて置くも良いだろう。

使用してみていくつか思った所を挙げて見る。

イコライザの機能について実際使ってみると、効果が見えにくい、いや聞こえにくい気もするが、それは曲の特性などに因るのだろう。ただ曲の再生途中で切り替えが出来ず、もしイコライザを切り替える場合は一々曲の再生を停止してから出なければ切り替える事が出来ない。これは使い勝手が悪い部分だ。
アクティブマーカーに関しては素直に便利だと思う。待ち受け画面から下にキーを入れてモバイルオーディオ履歴から直近に再生した音楽を即座に再生できる。だがこれもモバイルオーディオへのショートカットを用意しておくなどしておけばさして大差ないとも思う。

USB接続ケーブルを購入してSH902iをminiSDのReaderWriterとして使用している時だが、この間は携帯電話の通信機能が使えなくなる。
すなわち、パソコンに繋いでいる間は電話の着信もメールの受信も出来ない。圏外の状態に強制的になってしまう。データの転送中はそういった部分が動き出すと困るんだろう。
その為、携帯電話で一時でも着信や受信が途切れると困ると言う人には読み書き専用のPanasonic BN-SDCGP3 SDメモリーカード用USBリーダーライターを購入した方が良さそうだ。

だが特に着信や受信が一時的にであれば途切れても問題無く、さらにノートパソコンなどで出先から時々モバイルでネット接続したいと言った人には、携帯電話をUSB接続するケーブルI-O DATA USB-3GF NTTドコモFOMAシリーズ対応 通信ケーブル等を購入した方が幸せかもしれない。

特に携帯の電池がすぐ切れると言ったような人には私が購入したような充電機能付きのケーブル携帯シンク for Windows 2005 FOMA充電ケーブルセットであれば一石二鳥、三鳥になるだろう。

さらに正直に見ていくと、こうした著作権保護機能でガチガチになっているよりは、前回紹介した携帯動画変換君によって作成した音楽ファイルをVOICEフォルダに放り込んで再生する方式の方が扱いが楽だし、何よりこうした機器を別途用意する必要も無い。
イコライザが使えない、アクティブマーカーが使えないと言った携帯電話上での多少の不便を厭わなければこちらの方が気軽に音楽を楽しめると思う。
ただしそれには多少なりのパソコンに関する知識が必要となってくるので、そういった面に抵抗が無い場合ならば、と言う条件が付きはするが。


関連記事
SH902iの音楽をヘッドホンで聞く
SH902iで動画を見る
SH902iで音楽を聞く
音楽ファイルからFOMA向け着モーション(着うた)を作る

スポンサーサイト


コメント

SH901isだと 

再生ファイル名を、「VOICE***.3gp」もしくは、
拡張子mp4にしないといけないのが、非常に面倒なんですよね。
しかも、曲名とかは分からないですし。

そういった点で、902iのSD-jukeboxは使いやすそうでいいなぁ。

曲名が 

分からないとちと辛いわね。
SH902iでVOICEフォルダに放り込む形式でやっても、ファイル名は例えば「鳥籠姫.3gp」とすればその名前でプレイリストに表示されるのでそれと分かるのだけれども。

使い勝手について追記一点。
SD-Audioとして転送された曲の場合は曲の途中で止めると次回再生時にその場所から再生できる、いわゆるレジューム再生が可能だが、VOICEに放り込む形式だとそれが不可。毎回先頭の曲の最初の位置になってしまう。これも微妙ながらも使い勝手の面では重要な要素だぁね。

 

トラバありがとー!ほほーすごく参考になりますね♪俺もあまり使い込んでないので…(笑)また参考にさせてもらいますね!なるほど~

探して 

遅ればせながらSH902iを購入しまして、色々とSH902i関連の記事を探して送らせてもらいました。
見ていると書いてる人ってみんなほぼ発売日近辺で買った人ばっかりなのね……と出遅れ感を感じまくったり。

 

トラックバックアリガトウございます。
僕は902では音楽聴いていないので(MOVIEのみ)
使ったこと無いのですが、
ちょっと使ってみよっかなー
なんて思ってしまいました。

少々修正 

こちらこそご丁寧にコメントをありがとうございます。
白のみ!さんが提供されているminiSDカードの相性問題の情報を元に、こちらの記事中で少し気をつけた方が良いなと思われた部分を修正しました。
最初に紹介したハギワラシスコムの1GB miniSDカードが対応しているのは著作権保護機能についての部分で、実際にSH902iで使えるかどうかは私の方でも未確認な為、そういった形に書き換えると共にユーザーの方から動作したと言うレビューがあがっていたADTECの1GB miniSDカードの情報を載せました。
いや、相性問題怖いですね。私は近所でワゴンに乗ってた奴を適当に買ってきたんだけど、無事に使えて良かったなんて今更ながらに思ったり。

検証済みSD 

1GのA-DATAのminiSDを購入して問題なく使っています。
誰か2Gを使った実績がありますか?使えるなら追加購入したい。

さしあたり 

私は実績ありません。
メーカー公称でも1GBと謳われていますからねぇ、SH902iにしか用途が無い人だと、かなりの冒険になってしまう。
どなたか情報があれば是非。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sia.blog4.fc2.com/tb.php/290-a3cb961d

SH902i with PushTalk

ずっと使っていたP900iVの電池が寿妙なようで、電池の持ちが極端に短くなってしまった。持って半日。あとはずっと充電しっぱなし・・・。プレミアクラブ会員だから電池をただでもらうという方法もあるんだけど、誕生日も近いし、自分へのご褒美の意味も兼ねて、SH902iに乗り

SH902の思わぬ落とし穴 - まさか・・・ -

SDにも、使えるものと使えないものがある・・・

«PREV  | ホームへ戻る |  NEXT»

ブログ検索

Ads

おすすめ商品

お気に入りウィジェット

プロフィール

Author: sinsia
携帯アクセスはQRコードから

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

Map
  1. ギフト

【レビュー】WILLCOM

WILLCOMの9(nine)を買った

新型
ウィルコムストア

プレスブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯画像掲示板

携帯で撮影した画像をアップロードするなら
携帯画像掲示板

Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。