覚え書き

覚え書きに近い日記

→アソシエイトストアオープン お勧めの商品を紹介しています

カテゴリー一覧

«PSUプレミアムディスク  | ホームへ戻る |  駅前プログ»

スポンサーサイト

  •   -  
  •   -  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話のナンバーポータビリティ10月24日から

impressケータイWatchより

MNP開始日は10月24日、auの手数料も明らかに
 NTTドコモ、KDDI、ボーダフォンの3社は、同じ電話番号のまま他社に乗り換えられる「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)」を10月24日に開始すると発表した。


人によってはまだかまだかと待ちかねていた携帯電話番号を他社携帯に持ち越すサービスがいよいよ具体的に開始日が定まってきた。
ナンバーポータビリティという名称でいままで見ていたが、どうやらMNPと言う省略名称が付けられたようだ。
だが多分、MNPというよりはポータビリティで安定しそうな予感がする。

乗り換えの手数料については現時点でKDDIのみが発表しており、au・ツーカーから他社へ乗り換える際は2100円の予約手数料が掛かるらしい。抜けるなら手数料を置いていってねと言う感覚か。思いのほか手ごろな価格なので、どうしても番号を維持しつつ他に移りたい人であればこれくらいはすぐに払うだろう。

しかしこうしたサービスが開始されて一つ気がかりなのは、携帯のメモリ編集ソフトの類で良くある、この番号ならどのキャリアと言う判別が今後不能になってくる事だろう。
いままでは各携帯キャリアごとに割り当てられる番号帯と言うのが決まっており、番号だけで、これはドコモで関東で新規契約されたものだな、と言うのが分かるようになっていた。
これが全て今後は分からなくなってしまう。いや、大本は何処だったというのは分かるが、それが今はどのキャリアになったのかが分からなくなるわけだ。
個人ユーザーなら何も気にする所の話ではないが、企業レベルだと少し気になってくる話だろう。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sia.blog4.fc2.com/tb.php/370-5ac18cb2

携帯電話番号ポータビリティ制度

携帯電話番号ポータビリティ、2006年10月にいよいよ始動加入する携帯電話会社を変えても電話番号を変えなくて済む制度、略して“ポタビ”といわれるらしい、この、携帯電話番号の持ち運び(ポータビリティー)制度については総務省などで随分前から検討がなされていたものの

«PREV  | ホームへ戻る |  NEXT»

ブログ検索

Ads

おすすめ商品

お気に入りウィジェット

プロフィール

Author: sinsia
携帯アクセスはQRコードから

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

Map
  1. ギフト

【レビュー】WILLCOM

WILLCOMの9(nine)を買った

新型
ウィルコムストア

プレスブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯画像掲示板

携帯で撮影した画像をアップロードするなら
携帯画像掲示板

Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。