覚え書き

覚え書きに近い日記

→アソシエイトストアオープン お勧めの商品を紹介しています

カテゴリー一覧

«WILLCOMの9(nine)を買った  | ホームへ戻る |  W-ZERO3[es] 本体ソフトウェアバージョンアップ»

スポンサーサイト

  •   -  
  •   -  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W-ZERO3[es] ウィルコムストアで実質値下

世間はMNPでの騒動も落ち着きを見せ始めた今日この頃だが、今自分はWILLCOMの動きに注目している。今現在、W-ZERO3とW-ZERO3[es]の両端末を所持している状態なので当然と言えば当然なのだが。

私はesをgooチャレの時の相方より譲ってもらった経緯があるが、当時の価格として25000円。店舗の通常販売では29800円だったので少々安めでの購入となったのだが、そのW-ZERO3[es]の販売価格が条件付ではあるがウィルコムストアで19800円として購入が可能なのだと言う。
もともとの価格からすれば1万円ほどお買い得になっているらしい。

購入はこちらなどから
http://www.willcom-inc.com/go/ad_wzero3/index.html

20061208img8.jpg20061208img9.jpg


なぜ安くなったのかと言えば、実は「W-ZERO3[es] Premium version」新しいモデルが出たからで……と言ってしまうと「なんだ、古い端末になったから安くしてるのか」と思われるか知れないが、ハード的な仕様には変更が無く、ただ単に中に入っているソフトのバージョンが違うだけのものなのだ。
要はソフトウェアが追加されている。
追加されたソフトとは「ホームメニュー」と「名刺リーダー」の2点だ。

しかもこれらソフトに関してもウィルコムのサイトより無償提供されている最新バージョンを今までの端末に適用することで、ほぼ新端末と同等の機能が使える。これにより実質的な違いは無いに等しい。

一点、違いが生じるのが「名刺読み取り機能」の部分なのだと言う。そのため、名刺の管理なんかしないよ、という向きにはなんら影響の無い話だ。そして私はその影響の無い部分に属している。なら安い方でよい。と言う判断につながる。

ホームメニューの機能は大変に便利で、いわば携帯電話で採用されている画面を9分割して機能を選択させる、あの画面のようなイメージが12分割で表示されるのだ。

ここでesならではの部分として、画面とテンキーとが結びついて居るため、機能を起動させるのが
・ホームメニューを表示
・テンキーを押す
と言う2ステップだけですばやくできる。
これが事の他便利なのだ。

今までであればWindowsキーを押してプログラムメニューを表示させ、上下左右のキーで目的のソフトウェアを探し出し、それを決定してようやく起動する、と言う手間があった。
そこが単純かつ視覚的にもわかり易いメニュー画面が採用された事により、この端末を使うための敷居がずいぶんと低くなったと思う。
世にWindowsパソコンがあふれているとはいえ、その操作に長けた人は、おそらく携帯電話のそれと比べると少ないだろう。


と、本体機能についてばかり書いてしまったが、実際にこれを今どのように活用しているかと言えば、やはり通勤移動中でのホームページなどの閲覧、そしてメールの送受信。この2点がメインになる。

私は通勤に地下鉄を利用しているのだが、携帯電話よりもつながりがよい、と感じられる。
これは電波が途切れても通信は仮想的につながったままであるようにする技術の賜物だと言う話だ。電波がつながりさえすれば、再度ダイヤルアップ接続しなくてもスムーズにデータを取得する事ができる。
携帯電話などでは「回線が切れました」となることが多く、その場合には再度接続しなおすと言う一手間がある。
地下なのだからPHSなんて電波が入らないのではと危惧していただけに、この部分は大変にありがたい誤算だった。

ウェブページの閲覧にも、フルブラウザが搭載されており、たいていのページはパソコンと同様に扱って見る事ができる。ただ、さすがにパソコンと比較すると処理速度や回線速度の問題などから、快適に閲覧すると言うのとは程遠い状態ではあるが、出先でパソコンと同等の操作ができると言うのは間違いなくメリットだ。個人的な使い方では画像をオフにして必要なときだけ画像も取得すると言う形をとっている。これなら、割とサクサクとページも表示してくれる。


次にメールだが、実はメールはこの端末のローカルには溜め込まないようにしている。だが、この端末ですべてのメールを処理する事も可能だ。

それを実現しているのが、検索エンジンGoogleが提供しているGmailだ。
Gmailについては少々前にも記事として書いたが、さまざまな細かい設定が可能で、メールの転送も可能だ。
メインで使うメールアドレスとしてこのGmailのアカウントを用意しておく事で、メール環境の一元化が可能となる。

携帯端末を使う時にいつも気にして見るのが、作成したデータ――すなわち受信、送信したメール――のバックアップが取れるかどうかと言点。この点が明確にならないと、安心して使う事ができない。
ここでGmailを使う、と言う選択を取ると、すべてのデータはGoogleのサーバーにて保管されるため、たとえばW-ZERO3を落としてしまったと言う場合でも、メールデータの紛失にはつながらない。
これは携帯端末をもつ人すべてに共通する懸念点であると思う。

そしてここが重要なポイント、WILLCOMのドメインはpdx.ne.jpと言うものであるのだが、このドメインでのメール送受信はプランによっては完全無料。なのでぶっちゃけPC宛の全メールを転送したところで痛くも痒くもない。むしろドンと来いなのだ。

そして受信し、チェックしたメールについてはどんどんと削除してしまう。こうする事でメーラーの動作も重くなる事無くなる。
さらに読み返したい場合はネットにGmailにアクセスする事で再確認もできる。

さらにさらに、Gmailサーバーを介して送信したメールは、それについてもすべてGmailに保存される。送信、受信ともにすべてが管理できるのだ。
ちなみにメールを送信する場合はGmailのウェブページにアクセスすることで行う。携帯端末向けページと言うのが用意されているので、これもまた便利に扱うことができる。
GmailとW-ZERO3はなんとも親和性が高く、便利なシステムだといえる。

そしてなんといっても肝なのが、W-ZERO3のもつキーボードだ。
PC向けに送信されてきた長文メールへの長文レスなども、このキーボードであれば難なくこなせる。もはやメールはこの端末ですべて完了してしまうほどに便利だ。

この便利な環境が今なら19800円で手に入る。
検討するに十分値するのではないだろうか。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sia.blog4.fc2.com/tb.php/390-5c1d8915

«PREV  | ホームへ戻る |  NEXT»

ブログ検索

Ads

おすすめ商品

お気に入りウィジェット

プロフィール

Author: sinsia
携帯アクセスはQRコードから

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

Map
  1. ギフト

【レビュー】WILLCOM

WILLCOMの9(nine)を買った

新型
ウィルコムストア

プレスブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯画像掲示板

携帯で撮影した画像をアップロードするなら
携帯画像掲示板

Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。