覚え書き

覚え書きに近い日記

→アソシエイトストアオープン お勧めの商品を紹介しています

カテゴリー一覧

«auの携帯安売り  | ホームへ戻る |  コジマでiPhone購入時に大量ポイント還元»

スポンサーサイト

  •   -  
  •   -  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneのカメラでマクロ撮影~100円ショップのルーペを使う

iPhoneの情報を色々と見ていたら気になる情報があった。
それは、虫眼鏡を使って近くの物をくっきりと撮影すると言うものだった。

iPhoneのカメラはオートフォーカス機能も無ければ、マクロ撮影との切り替えスイッチすら無い。完全にフォーカス固定のカメラになる。
風景や人物を撮影する分には全く困らないのだが、もっと近くのものを撮影したいと思うと、ボケボケの画像になってしまう。

他サイト等でも指摘されているが、例えばiPhoneにはQRコード――二次元バーコードとも呼ばれる――を読み取るためのアプリがいくつか公開されている。
これを使えば、外部から情報を取得する手段に乏しいiPhoneでも簡単に情報を取り込む事が出来る。
是非ともこれを活用したい所なのだが、これを読み込めるようなサイズで撮影しようとすると、カメラを対象に近づけなければならない。
するとピントが合わない。
実際にやってみるとこんな感じ。
iPhone単体でQRコードを撮影
手近にあったWillcomのカタログにあったQRコードを撮影してみたが、ボケボケで読みようが無い。
そんな時にルーペを使ったマクロ撮影が生きてくる。

ここでは100円ショップで売っていたルーペの入手、それを利用した撮影結果についてを記してみたい。

探しに行ったのは近所のダイソー。
いくつかのルーペが扱われていたが、その中で選んだのはこれだ。
100円ショップダイソーで売っていたルーペ
レンズの直径が21mmとある。これはだいたい1円玉と同じサイズ。
あまり大きい物だとiPhoneと一緒に持ち歩くのが面倒になる事請け合い。
なので小さい物を探した結果これにした。

このままだと扱いにくいので、バラバラにしてみた。
100円ショップルーペをバラバラにした状態
使うのはルーペ部分の1つのみ。

これをただ持ち歩いても良いのだが、前に書いたように私はiPhoneにストラップを付けている。
これに引っ掛けるような形で付けられれば良いなと思ってこのようにしてみた。
iPhoneのストラップにルーペを取り付け
取り付けに使った部品は他のストラップ等から調達したものになる。家電店のストラップコーナーに行けば、細かい部品部品に分かれた物から自分好みの物を集めてストラップ化するような物があったりするので、それらから適当な物を見つけ出せると思う。
ストラップの位置とルーペのサイズは、まるで測ったかのようにピッタリだ。
100円ショップルーペをiPhoneのレンズ部にあてがう
このルーペはプラスチック製かつレンズの直径が小さいと言う事もあり、非常に軽い。
常に取り付けていても気にならないレベルだ。
我ながら良い物を見つけたと思いつつ、実際に撮影をしてみる。

先ほどのカタログにあった二次元コードをルーペを通して撮影したのが以下の左の画像。
iPhone+100円ショップルーペでQRコードを撮影iPhone単体でQRコードを撮影
右は先ほどの画像。これと比べれば、差は一目瞭然。
アプリでもうまく読み込む事が出来た。

他にも、最近の携帯電話にはQRコードを作成する機能も存在している。
携帯がもつアドレス情報をコード化してくれる。これの撮影も試してみた。
携帯電話で作成したQRコードを読み取る
写真ではわかりづらいが、左手でiPhone背面にルーペを固定している。
携帯の液晶画面に映し出されたQRコードがクッキリと写っているのが分かるだろう。

これを認識させた結果が以下。
Barcodeアプリで読み取った結果の表示
半角カナを使用している部分は文字化けしてしまったが、これは読み取りアプリの問題だろうから他のアプリならうまく処理出来るかも知れない。

とまぁバーコードが読めるって事で、若干使い勝手がよくなったかなと。

以下、ルーペ使用時と未使用時の画像を2例ほど紹介。
言うまでも無いが左がiPhone単体、右がiPhone+ルーペの画像。
iPhone単体iPhone+ルーペ
道すがらあった花を撮影。
iPhone単体iPhone+ルーペ
画像はそれぞれブログにアップ出来る程度のファイルサイズになるように保存し直しているのでオリジナルではない。

今回購入したルーペは径が小さい事もあり焦点距離が近く、4~5cmくらい先にピントが合うような形だった。
それより離れても、近くても、ピントがうまく合わない。
もうちょっと離して撮りたいのになぁと思ったりもした。
その場合は径がもう少し大きなルーペを見つけ出すと良いか知れない。

まぁたったの100円で、正確には今回買った物はルーペを3つに分けられたので、1つあたりに換算すれば33円程度でカメラの使い道が増えるなら、充分にアリかな。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sia.blog4.fc2.com/tb.php/426-2317d05d

«PREV  | ホームへ戻る |  NEXT»

ブログ検索

Ads

おすすめ商品

お気に入りウィジェット

プロフィール

Author: sinsia
携帯アクセスはQRコードから

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

Map
  1. ギフト

【レビュー】WILLCOM

WILLCOMの9(nine)を買った

新型
ウィルコムストア

プレスブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯画像掲示板

携帯で撮影した画像をアップロードするなら
携帯画像掲示板

Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。