覚え書き

覚え書きに近い日記

→アソシエイトストアオープン お勧めの商品を紹介しています

カテゴリー一覧

«2ndチャレンジを取るためにできること  | ホームへ戻る |  もしも当日が雨ならば»

スポンサーサイト

  •   -  
  •   -  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ndチャレンジ 出題方法考察

公式ブログに速報が上がった。
曰く、

当日は、ラクーアでの質問掲出の30分後に、「教えて! goo」内に特別設置する「2ndチャレンジ用質問&回答ページ」にも、質問文そのものを掲示させていただくことに致しました。


と言う。
現地に行けない人からの反発から考慮したと言う事だった。
30分と言う時間選択も難しい所だろう。
これが仮に「10分でアップします!」としたら、誰も現地になど行かない。
私も行かないと思う。
たかだか10分の為に交通費と時間をかけて出向くなど馬鹿らしいからだ。

そう言えば前回の1stチャレンジの際、自分は問題文を要約した物を載せていた。
期せずしてこれのアップ時間は18:31だったりする。
まぁ誰が見たわけでも無いと思うが、もし誰かがこれを確認し、44分以内に回答していたとしたら10万円をゲットしていたかも知れないわけだ。
もっとも、今回も1時間以上回答までに時間がかかるかは分からないが。


さて、ここで一つ考えてみる。
気になるのは

「2ndチャレンジ用質問&回答ページ」にも、質問文そのものを掲示させていただくことに致しました。


と言う件だ。

これは、現地でレースクイーン&グラビアアイドルの方々を直接目にしなくても回答できる類の質問形式である事が推測出来る。
すなわち、色に関する物や、身に付けたアイテムが質問に絡む事は無いと想像出来る。
単なる文字にする事が出来る質問。
これでまた少し情報が出てきた事になる。


更にもう少し考えうる可能性を考えるとするならば、
場合によっては現地で質問を確認しきるまでにひょっとすると10分から20分、場合によっては30分かかるのだろうか、と言う可能性も見える。

先日から考えているような分散形式での質問だった場合で、
仮に各人を確認して回りきるのに20分かかるとした場合、
ネット上で出題を確認する人とのアドバンテージはたったの10分しかない可能性があると言う事だ。

それはそれで参加者全てに公平だとも言えるが、正直微妙なラインではある。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sia.blog4.fc2.com/tb.php/49-a56e5ad5

2ndチャレンジは混み合うか?

公式Blogによると、出題から30分後にはインターネット上で問題を公開するそうです。前回の問題が1時間以上かかっての回答であったため、現地に行く人のメリットも考慮してのこの30分だと思います。sinsiaさんの記事を拝見しても10分でなく30分というのがミソになりそうだ。問

«PREV  | ホームへ戻る |  NEXT»

ブログ検索

Ads

おすすめ商品

お気に入りウィジェット

プロフィール

Author: sinsia
携帯アクセスはQRコードから

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

Map
  1. ギフト

【レビュー】WILLCOM

WILLCOMの9(nine)を買った

新型
ウィルコムストア

プレスブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯画像掲示板

携帯で撮影した画像をアップロードするなら
携帯画像掲示板

Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。