覚え書き

覚え書きに近い日記

→アソシエイトストアオープン お勧めの商品を紹介しています

カテゴリー一覧

«秒針  | ホームへ戻る |  2ndチャレンジ速報»

スポンサーサイト

  •   -  
  •   -  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ndチャレンジの軌跡~こじまあきこへの道~

教えて!gooチャレンジの第二回、2ndチャレンジに挑戦した。
今回、1stチャレンジが終わったその日から始まったとも言える
2ndチャレンジの軌跡を、
「こじまあきこ」と言う答えを出すに至るまでの道を、
ここに記す。

2月12日
1stチャレンジ終了。惜しくも10万円を逃しその日は涙で枕をぬらした。
次こそは取ってやろう……と心に誓う。

2月13日
1stチャレンジで使用したA4ノートパソコンが重かった為、
今度の2ndチャレンジの為に新しくモバイルノートを用意してやろうかと秋葉原をうろつく。
Let'sNoteR3を候補として考える。

2月14日
早速Let'sNoteR3を購入。
それと同時に出題場所が発表され、たまたま現地に居合わせたため下見に向かう

2月15日
公式ブログより出題に関する追加情報が出る。
5人に質問内容が分散されるのではないだろうかと言う推測を立てる

2月16日
現地にてアクセスポイントの調査
前回快適に使用できたYahoo!BBモバイルでは今回はアクセスが厳しいと判断する。
対策としてHotSpotサービスを契約。これを元にモバイルアクセスを試みる事とする。
当日、現地は雨になると言う天気予報を見て悩む。
また、今回は2人にて挑戦する事とする。

2月17日
出題に関する情報が再度発表、やはり考察したように5人の出題者を追跡し質問を確認する形である様子。
同時に30分後にはネット上でも質問が公開されると言う事で現地参加の優位性が減る。

先日契約したHotSpot接続テスト
だがこれでもまた現地での接続は困難であると言う結果になる。
一応後楽園駅からのアクセスが可能となり、Yahoo!BBモバイルよりは有効である事を確認。
共同戦線を張った一人と打ち合わせ。詳細な資料に驚かされる。



上記までについては、過去の記事に詳細を書いてある。
以下からが今回初めて詳細に書く分になる。


2月18日
Mzoneの契約を結び、再度現地にてテストを行った。
私もまた良くやる事だ。3つものモバイルアクセス方法を持っていてどうすると言うのか。
つい先日まで1つも使っても居なかったのに。
まぁそれもこれもいつか糧になるのだと自分を納得させる。

そして確認作業。再びノートを手に持ちあっちをうろうろこっちをうろうろ……
だが、芳しくない。
ラクーア内部の1階部分では、どこもかしこもつながらなかった。
正確には、時折それらポイントに引っかかる事はあるのだが、安定しない。
続いて2階を歩く。
こちらも同じような状況か……と、急にネットワークアイコンが反応しだすポイントが出現。
ひょっとして……とその反応があった場所で、立ち止まる。
少しして、接続が確立されましたとのメッセージが画面に表示される。
おお、ここらへんならば行けるのか。
よしよしと思ってちょっと動く。
……あれ、切れた……
元の場所に戻る。
……つながった。
1歩ずれる。
……速度が激減した。
もう1歩ずれる。
…………切れた。
なんだこれは。
ピンポイントでここに立つ分にはアクセス可能だが1歩でもずれるともう駄目?
すさまじく厳しい。
そんなポイントが3箇所ほどある事を見つけた。
以下に示すリンクの場所がそれらポイントだ。
1つ目が1階へ繋がる階段の最上部(スタバから5m程離れた場所)
2つ目が屋根のある2階通路
3つ目がCOFFEE MACHINE 周辺
このポイントで試しにブロードバンドスピードテストを行ってみる。
20050220061155.png

3メガ前後の速度が出た。

この中で雨をしのげそうな場所は、2つ目と3つ目の場所だった。
特に、2つ目の場所であれば、1階にあるステージを確認しつつアクセス出来る。
実際に使える可能性があるとすれば、ここくらいのものだ。
が、先ほども言った様に条件がとても厳しい。
これは、これを使う事を想定すべきでは無いかもしれない。

現地での無線LAN接続はかなり厳しいと結論付け、今日の下見を終えた。
そして帰宅後、相方とチャットでの打ち合わせだ。

「下見お疲れ様。どうだったかな」
「アクセス出来ない事は無いが、正直厳しい」
「ふむ」
「この3箇所だったら繋がるけど……」
「追いかけながら検索と言うのは難しそうですな」
「やはり、現地に行くのと検索とを完全に分担した方がよさそうだ」

ここで僅かに考える間。

「……賞金を取るためなら分担ですな」
「でしょうな」

しかし気がかりな点がある。
公式ブログを見ると、5人が回遊とあるのだ。
1人で5人を追うのは大変ではないか?
その点について話す。
結果、
「現地に二人で乗り込んで、出題者を分担して追う、と言うのはどうだろう」
と言う話が出る。
つまり、
相方が出題者であるレースクイーン&グラビアアイドルを2人追い、2つの問題文を確認、
その時点ですぐさま無線LANアクセス出来るHotSpotへと向かって検索を開始。
相方はこの時点から検索担当となる。
そしてそれと同時進行で私が3人を追い、3つの問題文を確認。
その内容を電話、あるいはメール等の伝達手段を用いて相方に伝える。
すべての問題文が確認出来た時点で、私もHotSpotへと向かって一緒に検索を開始する。
一人が五人を追いかけるよりも早いだろうと想定した上での話だ。
「確かに、二人で最善を尽くすならそれがベストの攻略法かもしれない」
これで意見は一致した。
「今回は二人とも現地に乗り込む線で攻めてみよう」

それ以外にも、こんな意見も出た。
「せっかく現地に行けるんだし、行って見たくはある」
「確かに現地は臨場感があり楽しいと思う」
「一度は現地の状況を確認した方が、次回以降の対策も立てやすいだろうし」
「言えてる」
「それに……」
「それに?」
「目の保養にもなるしw」
「なるほどw」

その後、明日何時入りするか等を話し、1時40分頃に打ち合わせは終了した。

明日はいよいよ2ndチャレンジである。
今度は13時からの出題と言う事なので余裕をかまして寝ているわけにはいかない。
寝坊しないように念のため9時15分にアラームをセットしておいた。



2月19日
出題当日。
アラームがなる1分前の9時14分に目覚める。
人間の意志の力って偉大。体内時計に乾杯。
起きて軽く飯。
外を見てみると、やはり雨が降っている。
困ったものだ。

10時52分、相方より現地に着いたとのメール連絡。かなり寒いとの事。
このとき自分はまだ家で準備中だった。急ぎ出かける準備を整える。
今回は公式ブログはろくに確認しなかった。
おそらく今回も出題ぎりぎりまで変化は無いだろう。
傘を持って出る時、折りたたみにしておいた。
普通の傘を持ち歩くのが走り回る事になった際に邪魔となる可能性を懸念しての判断だ。


11時45分頃、ラクーア到着。
相方に連絡を取る前に、敷地内のコンビニに寄り1個47円の小さいカイロを二つ買った。
指先を暖めるためだ。凍えた指先では検索もろくに出来まい。我ながら細かい。

そして相方に電話で連絡を取る。
今どこら辺かと聞くと、スターバックスの周辺に居ると言う。
火曜日から今日まで毎日通いつめていただけに、場所はすぐに分かった。
今居る位置からはエスカレータを上がって、すぐだ。合流する。

合流後、昨日話したアクセス可能な場所、3箇所を案内して回った。
実際にPCを取り出して接続状況を見せる。
「ほら、1歩ずれると駄目なんですよ」
「……あぁ、確かに速度落ちてますね」
やはりこの敷地内では即座に検索するのは難しいであろう事を再確認する。

相方が言う。
「HotSpotでアクセス可能な場所を探しておきました」
後楽園駅上にある、カフェドクリエと言う店だそうだ。
一応事前に情報だけは伝え聞いていたが、入った事は無かった。
現地を見ておいた方が良いだろう。
今度は逆に私が案内してもらう。

20050220061438.jpg

見ると、このビル内の店舗の一つと言った形。
他との境は特に無く、開放的な感じの店だ。

現在12時10分。
まだ13時までは時間がありすぎる。
ここでテストがてら時間をつぶす事にした。
時間も昼だったのでちょっと腹の足しになるものを注文する。

席に着き、早速Let'sNoteR3を取り出す。
するとすぐにアクセスポイントを見つけたと画面に表示された。
速度も上々、2メガ前後出ていた。
ふむ、ここでなら落ち着いて検索出来そうだ。

ここで、そういえば今回出題者として参集されたレースクイーン&グラビアアイドルの方々の名前と顔が一致してないなぁ……等と失礼な状態にある事に気づく。
そこでこんな即興の壁紙を作った。
20050220062410.jpg


これを見れば名前と顔が一致していないと答えられないような質問だったときもすぐさま確認出来るだろう。
敬称すら抜けている人が居るのはあせっていたからだ。
13時が近い。


12時50分
いよいよ出題の時が近い。
元居たラクーア敷地内へと戻る事にした。


12時55分
まだ大きな動きは見られない。
ただ周囲を見渡すと、明らかにそれであろう人々を目にするようになる。
雨を避けられる所にどこへ行くでもなくたたずみ続ける人々。


12時57分
いくらなんでもここまで動きが無いのはおかしいと言う事で、相方がビル内の店舗等に出没していないかを確認するために上っていく。
私はこの広場で変化が無いかを監視する事とした。


13時
まだ動きは無い。
相方も戻ってきた。上でもそういった気配は無いと言う。
公式ブログに携帯でアクセスするも、やはり変化は無い。
一応、13時30分に出題とあったので、もうしばし静観する事とした。
場所は一応アクセスポイントであるスタバから僅かに離れた、階段の最上部だ。


13時5分頃
階下に僅かに動きが見られる。
この階段の丁度下に、STAFF用の出入り口というのがあったようで、そこから白いトレーナーを着込んだ集団が現れ始めた。
これは、先日も紹介した検索キーワードトレーナーに違いない。
20050220061702.jpg



13時7分
最初は少なかったがどんどん出てくる。
どうやら出題の時は近いようだ。
20050219143257.jpg

前回と同じような予告メッセージも、登場し始める。
20050220061824.jpg



13時10分頃
広場の中心から周囲を見渡すと、1階と2階とに分かれて回遊している出題者達5人を確認出来る。
やばい、これだけ広範囲に動き回られては見失う可能性がある。
僅かに緊張が走る。
この時既に相方とは二手に分かれてそれぞれの動きにあわせ追跡していた。
だが動く範囲があまりに広いので、電話にて再度相談。
結果、HotSpotのある後楽園駅側とその反対側とを二分してそれぞれが担当する事にしよう、と話し合う。

この時途中で、前回公式ブログへアップされた画像を撮ってくれたカメラマンの人とすれ違う。
お互い顔を覚えていて、会釈しながらすれ違う。
こちらは駆け足だ。すれ違いも一瞬ではあった。
だがそのすれ違いざまに「がんばってください」と一言掛けてくれた。
がんばるっす。


13時20分
まだ回遊は続いている。
ブログにアップする事を考え、写真を撮っておこうと何度かシャッターを切る。
20050219143554.jpg

撮影している人を撮影してみる。(ひねくれ者なのだ)
20050220062007.jpg

(尚、どうやらここでたまたま左端に写っている人が、今回の賞金獲得者であるようだ)


何度か携帯に内蔵のデジカメでシャッターを切っていると、
何とした事か携帯の電源が切れるマークが!
馬鹿な、そんなに使っていないはずだ。
しかし実際に切れた。やばいやばいやばい。
あせって連絡を取る手段を講じる。
実は今回用に無料のチャットルームを作成しておいた。
もしもキーワードが長文ではなくキーワード的な短く簡単なものだった場合、電話連絡を入れるよりはそのチャットに携帯から文字を打ち込んだほうが良いのではないかと言う事を考えていた。
その為の物だ。
急遽、そこにPCでアクセスする事にした。
3つのアクセスポイントの内、一番近いポイントへ向かう。
そしてもどかしいネット認証を経てチャットルームへアクセス……
「携帯の電池きれました あほやったw」

それだけ入力して階下を見下ろすと、どうした事だろう、方々に散っていたレースクイーン&グラビアアイドルの面々が中央に戻ってきた。


13時28分
結局、5人ともすべてがそろった。
相方ともここで合流する結果となった。
20050219143756.jpg

もしや4人だけここに集めて人の目を集中させ、もっとも大事なキーワードを1人だけがどこかに潜むようにして居るのかと思えば、そうでもなかった。
まさか本当に、ここで5人そろった状態で、質問を発表するのだろうか?

そう思ってみていると、途切れ途切れにgooコートのボタン止めが外され、中に着込んでいる服に書かれている文字が僅かに見えていた。
昭和……日本人女性……美人……断片的なキーワードが見え隠れする。
何とか写真を撮っておきたいと思い、駄目もとで携帯の電源を入れなおす。
……あ、着いた。何で?と思いつつラッキーと思い早速撮影する。


13時30分
やはりと言うか、何のひねりも無く問題が発表されそうだ。
5人が散らばっている事を想定しての二人同時現地乗り込みが完全に裏目に出た格好だ。何と言う事だろう。
そして同時に思う。これでは30分後に問題をWeb上で発表したとしても、丸々30分の差が生まれるだろう。
それはそれで現地参加組には良い展開だが、自分がもしここに来られなかったとしたならば、と思うとそれもまた微妙だ。


「では、今から質問を発表しまーす」
と言ったgooスタッフであろう掛け声を元に、向かって右から順次コートを脱いでいく。
1人目

昭和20年代に

2人目
そのずばぬけた体型をかたどって

3人目
美人度をはかる装置までつくられた

4人目
日本人女性の名前は?

このキーワードが開放されるたびに、自分のすぐ後ろに居た人が読み上げているのが気になる。
もしや携帯電話組か?と思ったらそうでも無かった。ただ何事かと言う面持ちで注視しつつ単に読み上げていた人だった。
そして5人目が中々脱がない。
見ると4人目で既に問題文は完成しているように見える。
だがほんの僅かな間の後、5人目の文面もまた開放された。

5人目
ヒント


ヒント?
そう思っていると、すぐさま大きなプレートが用意され、それを5人目の人が掲げて見せた

ミス・ユニバースに入賞した


これで全ての文面がそろった。

相方を見ると、なにやら携帯で家に居る親御さんに対して連絡を取っていた。
曰く、とにかく博識であり、一時にはテレビなどのクイズ番組にでも出てやろうかと思うほどだと言う。
だがそれは機会が無かったのか、出る事は今のところ無いそうだが。

そんな様子を横目に、私も動く。
とにかく前回と同じ様にキーワードをある程度要約したものをPCに打ち込む。
以下がその時の文面。

昭和20年
美人度計る装置
ずば抜けた体系
日本人女性名前は
身うsユニバースに



またしてもミスタイプしたがそれも気にせずに保存。
そして、電話している相方に「上に行く」と簡潔に言い残し、
敷地内に於いてアクセス出来る3箇所の内の1箇所を目指した。
走る。
雨に濡れた地面、滑りやすい所を何とか慎重に、だが可能な限り早く。

そして例のアクセスポイントにやってくると、待つ。
接続が確立されるのをひたすら待つ。
が、中々繋がらない。
遅い。
どうして。
2分……3分……時は過ぎる。
そうこうしている内に相方もやってくる。
「こじまあきこで、行けますか?」
何?まだアクセス出来ないのでそれ所ではない。
何を言っている?
「こじまあきこです、鹿児島の児に、島、で明るい子」
それが人名である事に気づき、それで検索しろと言う事かと、その時まだ思っていた。
そして数秒で気付く。
「え、それを回答すれば良いって事?」
「そう!」
だがまだネットには繋がらない。
まだか。
どうする。
「HotSpot行った方が早いかな」
「そうかも知れない」
「じゃあ行きます」
「こっちも、回答できたらすぐ向かう」

まさに秒を争うかの様に言葉も短かに動く。
そして再度一人になり、ネットへの接続と格闘。
……よし、ようやく来た。
すぐさまログインIDパスワード入力いそげいそげ……

公式ブログへ飛び、回答ページへのリンクを辿る。
ざっと回答に目を通す……くそ、もう回答が出ている。
だが聞いた名前とは違う答えだ。
伊東絹子

児島明子は出ているのか……
こじまあつこ

違う。
小島明子

漢字が違う。
……一応正しい漢字を含めたこじまあきこと言う回答はまだだ。
よし、いけるかも知れない、と回答してみる。
……って、あれ、何ていう字だっけ?
鹿児島の……と言っていたのは覚えている。
「こじまあきこ」と言うのも覚えている。
児島は分かる。アキコは何と言っていた?明子で良いのか?
駄目だ。思い出せない。
あーもー仕方ない平仮名で回答しておく。
漢字を含めた回答は、きっと相方がやってくれる。
この場はとにかく何かしらの回答を出しておくべきだ。
前回からの教訓で、回答は訂正が可能である事を知っているから。

そうして答えた内容が、
こじまあきこ

だった。
時間は13:39。
出題から9分、前回よりは早いながらも、他の回答があるのが気になる。
何度か表示を更新しなおし、再読み込み。
すると自分のすぐ2つ後に、相方の回答が載っているのが分かった。
児島明子

OK、正確な漢字での回答だ。
これでここでやるべき事は終了、再びカフェドクリエへと向かった。


13時45分
再度カフェドクリエ。
向かうとレジに並ぶ相方の姿。
「来ました……」と、息も絶え絶えに呼びかける。
聞けばどうやらレジに人が多く並んでいたため、回答はとりあえずこの近辺で行い、それが一段落したので今注文をしている所だという。
軽く感想を述べ合う。
「児島明子と言う正確な漢字では一応最初に回答出来てますね」
これが正答であればいけるかもしれない。
では自分は席を取っておくので、とカフェオレを注文していただくようお願いして先に店内へ。


この時点ではまだ終わったと思っていない。
前回であれば、これは終わったと見なしている所だが、回答の訂正が出来る限りは違う回答の可能性も考慮しなくてはならない。
特に、今回は検索をまだ一度もしていない。
相方の親御さんの知識にのみ頼った回答だった。
確認作業が必要だ。

席についてノートを取り出す。
現地ではあれほど接続に戸惑ったが、ここでは一発だ。
やはり相当に敷地内では電波状況等によりアクセスは厳しいのだ。

程なく相方も飲み物を持って席に着く。
席に着くなり飲み物は放置で検索に走る。

今回、検索に使ったキーワードは特殊だ。
なにぶん、問題文以外の情報がある。
だからこんなキーワードで確認する事になった。
美人度 ミスユニバース 児島

結果としては、これで検索した結果の一番最初に現れたページに、その答えはあった。(現在では教えて!gooのページや私自身のページの方が上に出るようになっているようだ)
当然この後も様々なキーワードで探したが、結局この最初に見つかったページが一番良く情報を示していたようだ。
その後も、伊東絹代ではなく児島明子である可能性、またそれ以外の人物の可能性を探して回った。
だが、それら全てが、どうやら伊東絹子を指し示している。
「駄目かな」
「伊東っぽいなぁ」
仕方ない……少なくとも二人居るうちの一人は正答に変えておこうか、と話す。
変えるとしたら、自分のほうだろう。
ひらがなでの回答が無効とも書いていないが有効であるとも思えない。
仮に自分の答えが許されるなら、それ以前に出ている「小島明子」が有効となってしかるべきだからだ。
変えるか、そう思って再度回答を書き込準備をする。
だが……うーん。
今ここで回答を変えても、No2にある回答がもっとも早い。
賞金のゲットは無い。
なんとなく、癪と言うか、悔しい。
随分と迷ったが、結局回答を訂正する事はやめておいた。


14時00分
ようやく飲み物にも手をつけ、落ち着く。
ぼちぼちネット上にも質問内容が乗る頃だ。
だが、もう正答は出てしまった後だ。
もはや伊東絹子と言う答えに疑問を挟む余地は無かった。
他の人の回答を見ても、あまり迷いが無い。前回ほど答えがばらけて居ない。
伊東絹子か、児島明子か。この2択だ。中には峰富士子や山田花子と言った、明らかに狙いに行った回答もあったが。

2ndの質問は、1stほどに捻られた問題ではなかったと言える。
人名では、前回のような時間ほどの多彩な回答選択肢は存在しえないからだ。
せいぜいが、伊東と伊藤、児島と小島。それくらいのものだろう。
もっとも、ひらがなで回答している人間の言う事ではないが。


相方と反省会。
返す返すも惜しかったのは、親御さんの持つ情報だった。
児島明子氏は、どうやらミスユニバースで初めて1位に輝いた事のある人だったと言う。
対して伊東絹子氏はそういう意味では3位。
1位と3位とでは1位に初めてなった人の方をよく記憶しているのも頷ける。
惜しい事だった。

ついで、現地の問題発表方法の予測を裏切られた事。
5人がばらばらに動くというからこそ立てた作戦が無に帰した。


ただ一つ、臨場感を楽しむ事は出来た。
これが今回の最大の点かもしれない。
その場に居た人間が全て同じ方向を向き進む光景。
その中に居る事が出来たのが今日、何よりも印象的だった。


14時30分
気を取り直して、速報記事をアップしてみよう。
前回は問題文を上げたりしたものだが、今回は既に公式にあがっている。
だから、ここは現地の様子を知らせるような記事を書いておきたい。
早速先ほどの携帯を取り出す。
メモリーカードを抜き取り、PCへ挿す。
簡単にトリミングやリサイズを行った上で、アップロード。
軽くコメントを入れながら、公式ブログにトラックバック送信して完了。


一応、検索履歴は以下の物だが、どれも確認用なだけであり、各キーワードについて特記すべきは無い。
質問文に出てくるキーワードを用いれば、割とすぐに見つかる内容であるようだ。
20050220070306.png


ふぅ…これでここで出来る事は全て終わった。


ここでふと現地での撮影後、即座に電源を切っておいた携帯の電源を入れてみた。
すると残量を示すメーターがフルの3本ある。
電池切れなどどこ吹く風と言った按配。
おそらく、外気の寒さゆえに充電地がその性能を充分に発揮する事が出来ず、
規定電力以下にまで落ちてしまい、電池切れの表示がなされたのだろう。
なんと言う罠だ。
次回、同様の事があったらだまされない様にしなくては。



14時45分
「じゃあ眼福に戻りますか」
そう言って戻った敷地内。
……既に祭りの後だった。
確かに出題からもう1時間15分かかっている。
そりゃ、居なくても当然か。


相方と反省会モードでの会話。
次はやっぱり現地と検索を完全分離だねと話しながら、
今日はじゃあここで、と分かれた。


この後、私は水道橋からさらに秋葉原まで歩き、様々に見て回ったのだが、
ここまででかなりの文章量となってしまったようだ。
これはまた次の記事として書こう。


しかし、またもニアミスと言うか、後一歩何かの歯車がかみ合っていれば……と思えてならないのは、何かの呪縛か。
次回も参加しなければ、と思わせる呪縛なのか。






結局今回レースクイーン&グラビアアイドルの人を出題者としたのは、
質問の内容である所の
「ミスユニバースで入賞した」
「美人測定器」
等、その美貌にこそ最大のヒントがあったのだなと気付く。

流石にそこまでは想像がつかなかった。
スポンサーサイト


コメント

凄いな 

ノートをわざわざ買ったり随分熱い事しとるね

軽いので便利 

この一週間の間、現地下見の為にずっと持ち歩いていたけど、小さくて軽いってのは良いね。
全然意識せず持ち歩けましたよ。えぇ。
そして今回の挑戦から学び、また新しく一つ必要だなと思える物が出来ましたよ。えぇ。
そう、必要な物なのですよ。あくまでも必要なのですよ。えぇ。

さて、買ってこようかどうしようか……

TBありがとうございました 

TB&コメントありがとうございました。幸運にも賞金をGETできたあまるです。なんというかおそらくビギナーズラック(笑)。
sinsiaさんもあの場所にいらっしゃってたのですね。gooチャレに対する熱い思いに感動です。次回もぜひ頑張ってください。でもわたしも負けません~。
それでは失礼いたします。

こんにちは! 

TBありがとうございます!
過日は楽しい時間を過ごせて良かったです(^^)
でも、5分は神業ですよね!(あまるさん!)
そして、sinsiaさんの当日の経緯、
とても興味深く読ませていただきました!
うんうん(^^)という所もあり、
さ、さすが・・・という所もあり、
今後も賞金獲得するまで呪縛は続きそうですね(^^;

まだあと5回ありますから!
sinsiaさんと僕がゲットしてもおかしくないですよねー♪
これからもどうぞよろしくお願いします☆

次回 

うろちょろしつつ携帯でパシャパシャしてましたよ。
チャレンジに対する熱い……まぁ熱いか……下見に何度も向かってるし。
しかしてその真相は、単に水道橋が定期でいける場所だったと言う事と
無線LANで何処まで何が出来るのかを見たかった、
ってのが大きかったりします。えぇ。


呪縛、やっぱり賞金ゲットしないと解けないかな……
まぁ、時間の許す限りは挑戦してみたいですな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sia.blog4.fc2.com/tb.php/54-470ab502

教えて!goo 2ndチャレンジ

 嫁さんから連絡を受けて、教えて!goo 2ndチャレンジに参加してみた。 しかし…まぁ、運営がおかしいんじゃないか?これ。

捕獲したかった!

今日は1日寝てましたちびチームなんかのはるか上を行く、gooチャレ参加者のなかの超一流チャレンジャーのsinsiaさんがコメントをくれた。(きんちょ~)レースクイーンたちが最終的に集まったのって、なんか意外でしたよね。でもあれって雨だったからじゃないかな~。晴れだ

gooチャレ2ndチャレンジ♪

※携帯で撮影したためちょっと画像が荒くて申し訳ありません。。今日はあいにく朝から雨。一瞬どうしようか迷ったけど、やる気満々になっていたので気合で行って来ました♪結果はというと、だめだったけど、なかなか楽しかったです♪こういうのってやっぱ参加するだけで結構

«PREV  | ホームへ戻る |  NEXT»

ブログ検索

Ads

おすすめ商品

お気に入りウィジェット

プロフィール

Author: sinsia
携帯アクセスはQRコードから

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス

Map
  1. ギフト

【レビュー】WILLCOM

WILLCOMの9(nine)を買った

新型
ウィルコムストア

プレスブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯画像掲示板

携帯で撮影した画像をアップロードするなら
携帯画像掲示板

Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。